みんなの新着コメント

食べる・飲む
2009年3月11日
「ドンガバチョ」のバリ島旨いもん批評!第十六回の③
Check

「ドンガバチョ」が語る、飲んべえにはたまらないバリ島のスポットを紹介! 


突き出たお腹をさすりつつ、今宵も美味い酒と肴を求めてバリ島内を一人さまよう・・・・

第十六回のお題:「タイ料理で一杯!」

 

ブラウンカラーで統一されたラグジュアリーなインテリアがシックなブランニューなタイレストラン!

 

Sarong Restaurant  (サロン・レストラン)

 

サロン・レストランのタイ料理


左手前: Pacific Oyster (パシフィック・オイスター) Rp.35,000+15%/1個(写真は3個) 

右奥: Phanang Curry (パナーン・カレー)Rp.100,000+15%

 

通りからはも落としそうな入り口からは想像できないオシャレで重厚なインテリアが特徴のタイ料理レストラン。

 

英国人オーナーシェフがタイ人シェフと作り出すタイフュージョン。

 

「パシフィック・オイスター」は言わずと知れた生ガキ!

 

これをコリアンダー、ネギのフライ、チリ、ライムのドレッシングでいただく、ネギのサクサク感と潮の香りがするミルクのようなソフトな生ガキの風味と辛みが口の中に広がり、白ワインもしくはビールのアテに最高の一品!

 

また「パナーン・カレー」は、和牛をゆっくりと時間をかけ柔らかく蒸し煮。

 

ピリッとしたそこそこの辛さと濃くのあるピーナッツソースとココナッツミルクと和牛の味わいか絶妙にウマい!

 

牛肉のあまりおいしくないにバリ島においてこの料理には恐れ入る!

 

→ドンガバチョの一言!

・5つ星リゾートホテル内にあってもおかしくない、とにかく味と雰囲気ともイケテル高級タイ料理系ローカル町レストラン。

・「パナーン・カレー」はぜひジャスミンライスRp.12,000にぶっかけてどんぶりで、またはパンにつけてソース全て頂きたいうまさ!

 

 

店名:Sarong Restaurant  (サロン・レストラン)

住所:Jl. Petitenget No. 19X, Kerobokan

電話:0361-737809

営業:毎日:19:00  〜  24:00   ラストオーダー:23:00

休日:ニュピのみ

行き方:プティタンガ通りを海側へ、ヴィラルンブン、ダハナレストランを越え100mほど行った左手

Check
[バリ島] [クロボカン] [スミニャック] [食べる] [タイ料理] [夕食] [カップル向け] [高級グルメ]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/118.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

バリ島旅行 インドネシア旅行専門店 バリ・ツアーズ.com の公式ブログ!

バリ島 で人気の ウェディング フォトツアー !既に挙式済み、挙式はしないけど、憧れのウェディングドレスを着て、綺麗な花嫁に変身。彼の凛々しいタキシード姿を写真に残しておきたい!お得で手軽な嬉しいフォトツアーのご案内です。

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧