みんなの新着コメント

芸能&アート
2010年8月2日
バリ舞踊 伝説の巨匠 パート4  イダ バグース ブランシンガ <前半>
Check
 バリ舞踊 伝説の巨匠 パート4 <前半
 イダ バグース ブランシンガ
  Ida Bagus Blangsinga

バリ舞踊 イダ バグース ブランシンガProfile
本名:イダ・バグース・ウィルジャナ (I.B.Oka Wirjana)
通称:グスアジ、ラトゥアジ

1929年ギャニャール、ブランシンガ村に生まれる。美しい容姿と創作者である天才舞踊家マリオが手放しで賛辞を贈った「クビャール・ドゥドゥック」で一世を風靡。スカルノ初代インドネシア大統領のもと国を代表する官邸の舞踊家として活躍、その後も日本を含む世界各国を訪れ文化交流に貢献し続ける。氏のクビャール・ドゥドゥックは、めまぐるしい目の動きや流れるような所作を特徴とする「ブランシンガ・スタイル」と呼ばれる独特のものである。


バリ舞踊 イダ バグース ブランシンガ「上の兄から初めてバリスの踊りを教わったのが8才のとき、兄は後に出家して司祭になって私だけが踊り手になった。小学、中学と実家を離れてタバナンの学校へ通っていて、そのときに当時人気だタマリオのクビャール・ドゥドゥックを見た。
格好よくてねえ、夢中になった。弟子入りしたかったけれど学校があったし、日本軍の占領統治が始まった者だからギャニャールへ戻らなくてはならなかった。村へ戻ってからマリオの踊りを思い出して寝る暇を惜しんで練習した。

自分なりの工夫も入れてね。形が出来上がって、村のオダランで踊るようになって、評判になって、
王宮や遠くの村まで呼ばれるようになった。デンパサールにあったバリホテルにも呼ばれて要人や観光客の前で踊った。当時は車なんかないから、家からデンパサールやバンリまで歩いて行ったもんさ。呼ばれるままにバリ島中に出かけていった。踊るのがうれしくて仕方なかったし、まだ十代で若かったから浸かれなんて感じなかった(笑)。」

「1952年、23歳の時に1年間インドネシア国軍の慰問公演を務める契約を結んで、デンパサールの歌舞団と一緒にジャカルタへ行った。
スマトラやジャワの軍の施設を回って踊りを披露したんだ。兵隊さんたちに喜ばれて駐留基地の司令官から表彰状をもらったこともある。スカルノ大統領におバレて官邸で踊ることもしょっちゅうだった。大統領は幻術に理解があったからね。教わったこともたくさんある。
今でもはっきり覚えているのは、『金持ちではなく人持ちになれ』と言われたことだ。」

「『金は使ったらなくなる。人の絆は金では買えない、友達をたくさん持てば心豊かに生きていくことができる』ってね。
その言葉をいつも思い出して出会いを大切に生きてきた。おかげでいろいろなところにたくさんの友人がいる。バリ島にも、外国にもね。
踊りを教えるときもそう。そのほうが簡単なのかもしれないが『1時間でいくら』なんていうやり方は好きじゃないんだな、お金もらって教えて時間が来たらおしまい、では人付き合いとは言わんだろうし付き合いも続いていかないだろう?じゃあどうすればいいのかって?私にも分からんよ(笑)。」

「私が踊りを教えた生徒は『先生に謝礼を受け取らせるのはとても難しい』って言ってるらしい。ま、そんなことお金ではない、物もすぐやってしまうから残らない(笑)。でもたくさんの友達に恵まれて毎日が楽しい。それがわしの喜びなんだよ」。

<< 前のページ | 次のページ >>



大変貴重なバリ島の文化的財産
『タリ・クラシック(古典舞踊)』の特別公演を鑑賞しよう!


開催日:2010年8月28日(土)・29日(日)
開催場所:バリ舞踊の殿堂「プリアタン王宮」
※関連記事:http://www.api-magazine.com/item/1355

★★ 限定招待券を入手しよう! ★★★
詳しくはこちら




Check
[バリ島] [ウブド] [インドネシア旅行記] [観光スポット・世界遺産] [遊ぶ] [学ぶ・働く] [インドネシアの文化・歴史] [[バリ島]ウブド/モンキー・フォレスト] [映画・芸能・イベント] [習い事・カルチャースクール]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/1455.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

バリ島旅行 インドネシア旅行専門店 バリ・ツアーズ.com の公式ブログ!

バリ島 で人気の ウェディング フォトツアー !既に挙式済み、挙式はしないけど、憧れのウェディングドレスを着て、綺麗な花嫁に変身。彼の凛々しいタキシード姿を写真に残しておきたい!お得で手軽な嬉しいフォトツアーのご案内です。

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧