みんなの新着コメント

芸能&アート
2010年8月3日
訃報:バリ島古典舞踊の最年長ダンサー、イブ チュニック他界
Check
7月24日(土) バリ島伝統芸能の最も重要な人物のひとり、
最年長ダンサー Ni Ketut Cenik (ニ クトゥッ チュニック)さん他界

バリ舞踊 ニ クトゥッ チェニック“イブ チュニック”または“メメン ジマッ”と呼ばれた、ニ クトゥッ チュニックさん(享年95歳)。2008年には日本でツアーも行っており、人生の全てを舞踊家として、師として活動し続け、その名を残しました。

“イブ チュニック”には、2人の子供と11人の孫、11人の曾孫がいました。
祖母のイ ニョマン ブディアルタは、世界的に有名なバリ島ギャニャール バトゥアンのガムラン スムラ ラティッ奏者でした。

彼女の不屈の断固とした精神とナチュラルな魅力はずっと変わることなく、彼女が演じる数々の舞台ではその魅力が溢れており、バリ島の古き良き伝統芸能大会の “チャロナラン”や“バパン グデ”のように、彼女がバリ島古典舞踊のレパートリーをすべて踊った時、バリ島でも世界でも“イブ チュニック”の踊りは見ているのものを熱狂させるほどだったそうです。

バリ島伝統芸能の女性指導者の長でもある“イブ チュニック”は、ウブドエリアで舞踊公演を行い、そこでは彼女の家族4世代のパフォーマンスが鑑賞できました。

舞踊家でもある彼女の家族は母親と同じように、祖母、曾祖母と舞台を共にし、バリ島伝統舞踊の腕前を磨いて行き、そこでバリ島伝統芸能の認証を受けていました。

バリ舞踊 ニ クトゥッ チェニックバリ島ギャニャール バトゥアンで生まれた彼女は、生涯をそこで過ごし、インドネシア人や海外からの移住者、バリ島舞踊の愛好家などと世代問わず、多くの教え子たちに踊りを教えてきました。

その他に、1960年代よりインドネシア初代大統領 スカルノをはじめ、彼の娘でもある5代目インドネシア大統領のメガワティ スカルノ プトゥリと、その後継者のために30年以上、御用達の舞踊家として彼らのために踊りを披露してきました。

バリ島舞踊のために国際親善大使として彼女は、アメリカ、オランダ、ドイツ、日本と、その他数々の国で海外公演を行い、生涯のうちに多数の国の芸術名誉賞を獲得し、インドネシア国内では、ウィジャヤ クスマ(1982年)、ダルマ クスマ マデャ(1986年)とダルマ クスマ(1988年)を受賞しました。


2010年7月25日、日曜日の午後、彼女の埋葬はバトゥアンで行われました。
バリ島文化による彼女のガベン(火葬の儀式)の日は、まだ決定しておりません。

彼女を愛するご家族のみなさま、舞踏家や愛好家のみなさまと共に
謹んでご冥福をお祈りいたします。



Check
[バリ島] [ウブド] [インドネシア旅行記] [観光スポット・世界遺産] [遊ぶ] [学ぶ・働く] [インドネシアの文化・歴史] [[バリ島]レゴンダンス] [[バリ島]ガムラン演奏] [映画・芸能・イベント]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/1464.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

バリ島旅行 インドネシア旅行専門店 バリ・ツアーズ.com の公式ブログ!

バリ島 で人気の ウェディング フォトツアー !既に挙式済み、挙式はしないけど、憧れのウェディングドレスを着て、綺麗な花嫁に変身。彼の凛々しいタキシード姿を写真に残しておきたい!お得で手軽な嬉しいフォトツアーのご案内です。

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧