みんなの新着コメント

芸能&アート
2010年8月28日
バリ舞踊 伝説の巨匠 パート12  ジェロ ガドゥン アルワティ
Check
 バリ舞踊・伝説の巨匠 パート12
 ジェロ ガドゥン アルワティ
  Jero Gadung Arwati
A Legendary Primadona
バリ舞踊 ジェロ ガドゥン アルワティ1934年タバナンに生まれる。9才からクランビタンのアナック アグン マデ パセック、クロボカンのニョマン リデットから男性舞踊のバリスを学び始める。「家は代々舞踊家の家系で踊りやガムランは身近なものだったの。」バリスを修得した後イダ バグース ベダに師事、誇り高く力強い若い王を主題にした男装の舞踊ウィラナタで一世を風靡する。 1950年、当時のインドネシア大統領スカルノに招かれ、ジャカルタの大統領官邸やバリ タンパクシリンの大統領別邸で国内外の賓客を前にその優美で気品に満ちたウィラナタを披露し称賛を浴びる。「その頃だったかプリアタン歌舞団から私が所属していたタバナンの歌舞団に公演参加のお誘いをいただいたことがあったのよ。当時はウィラナタの踊り手がいなかったのね。結局は所属していた歌舞団が断ってしまったので参加に至らなかったけれど。」その後も大統領官邸の舞踊家としてバリを代表する舞踊家たちと共にパキスタン、シカゴ、ロシア、シンガポールなどを巡る海外公演に参加するなどの活躍を続けた。

帰国後の56年、タバナン王家プリ アナム宮殿のイ グスティ ングラ マユン マユラ氏と結婚、子育てに専念する日々を過ごす。「当時は今と違って結婚したら家に入るのが当たり前、踊りを続けるどころか一人で宮殿の外へ出ることもできませんでしたよ。」 子育ての手も離れた74年、国立芸術大学デンパサール校(現ISI)舞踊科の特別講師に就任し、舞踊の世界へ復帰。83年からは作家で文化哲学者のスルタン タクディール アリシャバナが主催するバライ スニ トヤブンカに参加、後進の指導と文学とのコラボレーション的な舞踊活動を展開。活動を通じて伝説のウィラナタはもちろん同じく男装の古典舞踊マルガパティからトゥラン ブラン ディ グヌン バトゥール(バトゥール山の明月)、タリ チャプン(蜻蛉)などの創作舞踊まで、幅広い分野の演目を次世代の舞踊家たちへ伝授し続けた。

その業績を讃え1993年に当時のバリ州知事イダ バグース オカ氏から贈られたダルマ クスマ勲章をはじめ。数多くの芸術貢献賞を受賞している。御年74才の現在も年に数回、共に国を代表して海外を巡ったバリ舞踊の巨匠たちと共に舞台に立っている。
バリ舞踊 ジェロ ガドゥン アルワティ
「教えていて思ったこと?そうねえ、ひとつのことをきちんと成し遂げてから次に進むこと、基礎をしっかり身につけることが大切ですよ、ということかしらね」。イブ ジェロは、ウィラナタの見得のポーズのようにすっと腕を上へ延ばし、穏やかに微笑んでそう付け足した。



大変貴重なバリ島の文化的財産
『タリ・クラシック(古典舞踊)』の特別公演を鑑賞しよう!


本日開催!:2010年8月28日(土) 29日(日)
開催場所:バリ舞踊の殿堂「プリアタン王宮」
※関連記事:http://www.api-magazine.com/item/1355

★★ 限定招待券を入手しよう! ★★★
詳しくはこちら




Check
[バリ島] [ウブド] [インドネシア旅行記] [観光スポット・世界遺産] [遊ぶ] [学ぶ・働く] [インドネシアの文化・歴史] [[バリ島]ウブド/モンキー・フォレスト] [映画・芸能・イベント] [習い事・カルチャースクール]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/1483.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

バリ島旅行 インドネシア旅行専門店 バリ・ツアーズ.com の公式ブログ!

バリ島 で人気の ウェディング フォトツアー !既に挙式済み、挙式はしないけど、憧れのウェディングドレスを着て、綺麗な花嫁に変身。彼の凛々しいタキシード姿を写真に残しておきたい!お得で手軽な嬉しいフォトツアーのご案内です。

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧