みんなの新着コメント

ジャカルタの街角
2010年8月10日
全日空 ANA が、2011年1月から 成田 〜 ジャカルタ路線 を運航を開始!
Check
全日空 ANA ロゴ 全日空 ANA が、1998年8月の撤退から13年ぶりに2011年1月より成田〜ジャカルタ直行便の運航を再開し、ビジネス客の取り込みをはかる。全日空 ANA の使用する機材はボーイング767—300ERで、ビジネスクラス35席、エコノミークラス179席の計214席。週7往復。

成田〜ジャカルタ間の直航便は現在、JALのみだが、2010年9月1日からガルーダインドネシアが就航し、2011年1月からの全日空 ANA の就航により、直航便が週7便から21便つまり毎日3便となり、ますます競争が激化する模様。

ビジネスマンはやはり、ANA、JALの日系2社を選ぶのか?
それとも「空ビザ」で楽々入国のガルーダインドネシアを選ぶのか?

また今年2010年10月からのJALの成田・関空〜デンパサール便の撤退をうけ、ガルーダインドネシアが成田〜ジャカルタ〜デンパサール(国内線経由)便にて、成田〜バリ島間をジャカルタ経由にて繋ぐ予定だが、今回の全日空 ANA の参入にて、その価格にも影響を及ぼすのでは?安くなるのは消費者にとっては好ましいが、激しい価格競争になり結局採算があわず、デンパサール便のように撤退などはやめてもらいたいものだ。

ANA NEWS 成田=ジャカルタ線再開  

Check
[ジャワ島] [ジャカルタ] [暮らす] [交通・乗り物]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/1488.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

「ベリーダンス フェスティバル アジア 2010 in バリ島」公式日本語サイト
イベントコンテンツ

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧