みんなの新着コメント

泊まる
2010年12月7日
ウブドで泊まってみたい高級ヴィラ&ホテル(その4)
Check
リゾート全体がひとつのヴィレッジ、
ウブドらしさが凝縮された
魅力的な仕掛けがいっぱい

カマンダル・リゾート&スパ
Kamandalu Resort&Spa


アピマガジン編集部がご案内するリゾートコンシェルジュ
ヴィラ&ホテル セレクション vol.80 バックナンバー

カマンダル・リゾート&スパ Kamandalu Resort & Spa の外観


ウブドリゾートのパイオニアとも言える、芸術と文化、自然が、見事にとけ込んだ楽園。思わず見とれてしまうほど幻想的な敷地内にある絶景の棚田。ここで収穫されるお米はリゾート内のレストランでも利用される。ウブドファンに長い間愛され続けている理由は、上質で温かいスタッフのおもてなし。ぜひあなた自身でこの素晴らしさを体験してほしい。ウブド中心へは車で10分ほど、リゾートからの無料送迎もOK。ダンス鑑賞やショッピングも楽しめます。


カマンダル・リゾート&スパ Kamandalu Resort & Spa の天蓋付きベッド憧れの天涯付きベッド。 お部屋はキングダブルベッドとツインがある。









カマンダル・リゾート&スパ Kamandalu Resort & Spa の吊り橋リゾート中央に横たわるロータスポンドに掛かる吊り橋。散歩コースに最適。








カマンダル・リゾート&スパ Kamandalu Resort & Spa の プールプールヴィラのプライベートプールからは、吸い込まれそうな美しい新緑の風景を独り占め。デッキチェアに横たわって至福の時間を楽しみたい。









カマンダル・リゾート&スパ Kamandalu Resort & Spa の 森林プロジェクトウブドの森林を育てよう…リピーターゲストはリゾート内の植林プロジェクトに参加できる。訪れる度にマイツリーの成長が楽しめる。






カマンダル・リゾート&スパ Kamandalu Resort & Spa の 朝食50種類以上のメニューが揃う豪華なブッフェスタイルの朝食。敷地内で採れるオーガニック野菜や手作りスイーツはおすすめ!






カマンダル・リゾート&スパ Kamandalu Resort & Spa のスパプロダクト『センセイシャ』スパで利用される、天然素材100%バリ島生まれのオーガニックコスメ『センセイシャ』。ウブドではカマンダルだけで使用されている。






カマンダル・リゾート&スパ Kamandalu Resort & Spa の スパ敷地内にあるスパでは、専用ヴィラを貸し切って行う。一流のトレーニングを受けたテラピストによる極上トリートメントはぜひ受けておきたい。





お部屋料金(税・サ別)
ウブド シャレー  US$200~
ガーデンヴィラ US$235~
プールヴィラ   US$345~
デラックス プールヴィラ   US$500~
2ベッドルーム プールヴィラ US$625~
さらにお得に予約するならこちら


カマンダル・リゾート&スパ Kamandalu Resort & Spa の パブリック プール


Kamandalu Resort & Spa

住所:  Jl.Tegallalang, Br.Nagi, Ubud
Tel : +62-361-975825
Fax : +62-361-975851
e-mail: sales@kamandaluresort.com
Web: www.kamandaluresort.com

※掲載の情報は2010年2月末時点のものです。

Check
[バリ島] [ウブド] [泊まる] [ラグジャリーなホテル] [リゾートホテル] [その他「泊まる」]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/1780.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

バリ島旅行 インドネシア旅行専門店 バリ・ツアーズ.com の公式ブログ!

バリ島 で人気の ウェディング フォトツアー !既に挙式済み、挙式はしないけど、憧れのウェディングドレスを着て、綺麗な花嫁に変身。彼の凛々しいタキシード姿を写真に残しておきたい!お得で手軽な嬉しいフォトツアーのご案内です。

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧