みんなの新着コメント

バリ島の街角
2009年5月16日
ここはバリ島なのに「サワディーカップ!?」
Check
お店に入るといきなり聞き慣れない言葉でインドネシア人スタッフが挨拶!

ん?どこかで聞いた事のある言葉だな?
ん〜〜〜、サワディ?
おっ、思い出したっ!!
タっ、タイ語なのです!

いつもいつも会社でバリコピ(バリ島コーヒー)だとあきるので、
この店のコーヒーが結構イケるので、近くによった際によく入るカフェです。

ただいつも来るたびに、なんでバリ島なのにタイ語やねん?と違和感を覚えます。。

メニューにもこのようにタイ語で書かれている徹底ぶりなんですよ!
もちろん私は読めませんので、英語字幕でオーダー!
またココンちのメニューが素晴らしく旨そうなフォトで好感度アップ!

ブラック・キャニオン・コーヒーのメニュー


で、どうしてタイ語かと申しますと、、、、
そう!このカフェはタイランドからバリ島へやってきた、
『ブラック・キャニオン・コーヒー』だからなのです。。
もちろん簡単なタイフードもありますよ。

最近は、スミニャック・スクエアにも出店しました。

ブラック・キャニオン・コーヒーは、もちろんコーヒーもウマいのですが、
たまの暑〜い日や脂っこいランチの後には、私はこのドリンクに限ります!

ブラック・キャニオン・コーヒーのライム・フロスト
ブラック・キャニオン・コーヒーのライム・フロスト

上のメニューほど満タンにはフローズンが入っていませんでしたが、あっミントも入っていませんでしたが、フレッシュなライムの酸っぱさとフローズンの冷たさがマッチして、ちょーイケルのです!

バリ島の地酒「アラック」を足してくれ!と思うのは、私ぐらいでしょうが、、
本当にアラックをまぜたらモットウマそうです。。


ブラック・キャニオン・コーヒーのライム・フロスト
 
行儀の悪いお写真を掲載してしまいました。スミマセン。。。

いつも飲みほしてから気がつくのですが、ライムがまるまる1個、皮がつながったままで、しかも、きっちりとしぼられた状態で入っているではないですか!!

ん〜、毎回これを確認し感動する私は、条件反射的にビタミンC 充電たっぷり!
とても健康!カラダに良い事をしたと思い込んでしまいます。。
私にとっては、2度オイシいジュースなのです。

では、ついでにお店の様子ものせておきましょう。

ブラック・キャニオン・コーヒーの店内の様子

ブラック・キャニオン・コーヒー(ディスカバリー・ショッピング・モール店)の店内の様子です。ここに来た際にはクーラーの効いている建物内のしかも2カ所しか無い、豪華なソファー席を確保するに限りますね!
(ちなみにこの日も確保し、そこから撮影しています。)

ブラック・キャニオン・コーヒーの店内の様子

そのソファー席から外のクーラーなしの店内の様子です。すぐ向こうにはクタビーチが見えています。ちなみにこの写真の写りが悪いように見えているのは、私のカメラがおかしい訳でも、このガラスが汚い訳でもありませんよ。

ガラスの向こうは半オープンになっているため、暑さをしのぐのに店舗の左右から「細かい霧状の水」が噴霧されているのです!これで体感温度を下げる訳ですな。

最近のバリ島にはどんどんハイテク?が入ってきますね。。。

皆さんもバリ島クタのディスカバリー・ショッピング・モールに寄られた際には、ブラック・キャニオン・コーヒーで、ライム・フロストをぜひ試してみてくださいね!
(アピ編集部 Golf 侍)
 
Check
[バリ島] [クタ] [食べる] [カフェ・喫茶店・デザート]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
2009年5月17日ジャカルタ駐在5年さんから
いいですね、バンコクですかー。
バンコクにアラックは売ってないでしょ(笑)
タイの地酒だと「メコンウィスキー」でしょうか。
ところで、バリ島⇔バンコクって、今いくらくらいなんですか?
2009年5月17日アピ編集部 Mさんから
>ジャカルタ駐在5年さん

上のレポートにあるバリ島のブラック・キャニオン・コーヒーは現在2店あるのですが、やはり「アラック」は置いていません。
そりゃそうですよね。タイランドからやってきたチェーンですからね〜。

でもバリ島へ来られた時には、ぜひディカバリー・ショッピング・モールのこのお店に立ち寄って、ライム・フロスト試してみてくださいね。

ちなみにバリ島⇔バンコクの航空券は、タイ航空かエアアジアですね。
リーマンショックの前には、タイ航空は往復USD480ほどでしたが、
燃油サーチャージが下がった事とエアアジアの進出が原因で、
現在は空き状況に寄り往復USD340くらいで買えます。

また今年から格安航空会社のエアアジアが直行で飛ぶようになり、
空き状況に寄り安く買える場合は、往復Rp.1,950,000くらいで買えます。

ま〜タイ航空とエアアジアは似て非なる物ですから。。
また空き状況に寄りエアアジアの価格がタイ航空に匹敵する場合もあります。
なのでやはりサービスと安心と広い座席と食事付きをとるならタイ航空!
バンコク発朝6:15で荷物15Kgで飯ナシで狭い座席もOKな方はエアアジア!
というのが、私の意見です。

ちなみに、上記2航空会社ともジャカルタ⇔バンコクも飛んでますよ。
タイ航空で、往復USD300強。
エアアジアで、往復Rp.1,300,000強というところです。

ジャカルタ在住5年さん、コメントありがとうございました!
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/197.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

「ベリーダンス フェスティバル アジア 2010 in バリ島」公式日本語サイト
イベントコンテンツ

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧