みんなの新着コメント

観光情報
2011年4月22日
がんばろう日本!Tetap Semangat Jepang! プロジェクト ひとりひとりの搭乗が寄付に繋がります
Check

ガルーダ・インドネシア航空による、
インドシアと日本を繋ぐ支援プロジェクトがはじまりました。

がんばろう日本!Tetap Semangat Jepang!プロジェクト


開催期間: 2011年4月1日(金)~12月31日(土)


内容:2011年4月1日〜6月30日までの日本発便にご搭乗いただくお客様お一人様あたり300円が『あしなが育英会』 に寄付されます。


























また、ガルーダ•インドネシア航空では
以下のような支援活動を
おこなっています。



その1 )
 
お客様より寄せられたメッセージカードを、被災地の子どもたちへ届けます。
その2 ) 文房具を被災地の子どもたちへ届けます。
その3 ) イベントなどを通じて、広く支援活動を行っています。


さらに詳しいプロジェクト内容はホームページをご覧ください。

http://www.garuda-indonesia.co.jp/supportjapan






※ あしなが育英会について
1988年発足。病気、災害などで親をなくした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体。奨学金など経済支援を行うとともに、教育と心のケアを行い、『「暖かい心」「広い視野」「行動力」「国際性」を兼ね備えた人類社会に貢献するボランティア精神に富んだ人材』を育成することを活動の目的とされています。2004年のインド洋大津波発生以来、津波により親を失ったインドネシア人遺児のべ60名を、世界中の遺児との触れあいを通し、心のケアと自助自立を目指す目的で2005年から2007年の間に行われた交流会に招待。また、あしなが育英会の支援のもと2名のインドネシアの津波遺児が早稲田大学へ入学、2010年にもインドネシアから日本語を学ぶため、2名のインドネシア遺児が来日しました。2005年からは日本から日本の遺児学生のインドネシア留学研修もはじまっており、双方向での交流が行われています。これらのインドネシア人遺児は、ガルーダ・インドネシア航空の無料航空券サポートのもと、来日しました。

**********************************************************
ガルーダ•インドネシア航空では、インドシア政府からの支援物資を無償にて輸送協力すると同時に、在日インドネシア共和国大使館と協力し、帰国を希望する在日インドネシア人への航空券の手配などの支援を行っています。

ガルーダ•インドネシア航空日本語ホームページを通じて、インドネシア国内で行われている支援活動も日本の皆様に伝える活動もおこなっています。 
http://www.garuda-indonesia.co.jp/eqjarchives/






Check
[編集部発!イチオシ情報!] [バリ島] [ジャワ島] [インドネシア旅行記] [観光スポット・世界遺産]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2052.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

「ベリーダンス フェスティバル アジア 2010 in バリ島」公式日本語サイト
イベントコンテンツ

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧