みんなの新着コメント

バリ島の街角
2011年7月30日
今日のお昼はローカルご飯!初挑戦のあの飲み物とは…!?
Check
今日はヌサドゥアに取材に行った帰りに寄ったジンバランのバイパス沿いにある
バクル カウマン Bakul Kaumanでお昼ご飯を食べることにしました。

緑色の壁が目印の、店内も清潔で観光客の方でも入りやすいワルンです。
そしてとってもリーズナブルにインドネシア料理を食べることができるんです!
なんとデリバリーもやっているようですよ!!

メニューもとっても豊富なので、選ぶのに時間がかかりつつ、、
今日は無難にナシゴレン イカン アシン(Rp.14,000)にしました。
私は辛いものが大好きなので、注文時には「辛くしてね」と付け加えます。
出て来たナシゴレンには刻んだ唐辛子+生唐辛子(齧りながら食べます)が付いています。ご飯もパラパラだし、イカンアシン(しょっぱい魚)が程よく塩が効いていて
とっても美味しい!5分程でペロリと完食!
ナシゴレン イカン アシン Nasi Goreng Ikan Asin bakul Kauman

そして実は気になった飲み物があったので、試してみました。
それはエス メガ ムンドゥン Es Mega Mendung(Rp.10,000)
という名前の飲み物。これは何じゃいな?と店員に聞いてみたら、
「練乳とコーラで割った物」とのこと。
Es Mega Mendung エス メガ ムンドゥン Bakul Kauman
飲み方の良く似ているローカルに人気の「エス ソーダ グンビラ」(シロップと練乳をソーダで割った物)は飲んだ事があり大好きなのですが、コレは初めて。

Es Mega Mendung エス メガ ムンドゥン Bakul Kauman
練乳とコーラ!?何だか想像しにくいなーと思いつつ、コーラを注ぎます。
そして底に溜まった練乳をスプーンでかき混ぜ、、

Es Mega Mendung エス メガ ムンドゥン Bakul Kauman
ワクワクしながら一口頂きました。

うーーーん、微妙ーーー、、美味しくはないけど飲めなくもないです。
そして練乳とコーラのはずなのに、ほんのり小豆風味に感じるのはなぜ!?!?
小豆ジュースに炭酸が効いている感じ。

でもでも、味はともかく、、
この見た目、まんまアイスカフェオレじゃないですか?
これはちょっとしたイタズラに使えそうですね~~~ふふふ。
私の周辺の皆様、お気をつけ下さい。

◎ワルン情報◎
Bakul Kauman バクル カウマン
住所:Jl.By.pass Ngurah Rai No.8 Jimbaran, Kuta Selatan, Bali 80364
電話:0361-773695


アピ編集部lprlpr

Check
[バリ島] [ジンバラン] [食べる] [インドネシア料理]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
2011年7月31日TOK.KAZさんから
バリの人たちの舌は、日本人にはわからないところがありますねぇ。逆もしかり。。。バリの人にとって日本の味はパンチがなくてわからないっていいますし…。郷に入りては郷に従えでなんでもチャレンジしてみなきゃわからないその国の文化って感じです。しかし、練乳とコーラは、想像しただけで…。むむむ…。。。。
2011年8月1日アピ編集部lprlprさんから
>TOK.KAZさん

コメントありがとうございます!

確かにそうですね、海外の人からしたら、
日本人の生魚を食べる習慣や、
臭〜い納豆を食べることも信じられない!
ということと同じですよね。

考えてみれば、同じ日本の中でも
地域によって食文化が違うのですから、
バリ島に不思議な食べ物、お口に合わない食べ物があって
当然といえば当然ですよね!

バリ島にある食べ物もまだまだ奥が深そうです。。
また新発見な食べ物や飲み物がありましたら
記事アップしますね!
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2207.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

バリ島旅行 インドネシア旅行専門店 バリ・ツアーズ.com の公式ブログ!

バリ島 で人気の ウェディング フォトツアー !既に挙式済み、挙式はしないけど、憧れのウェディングドレスを着て、綺麗な花嫁に変身。彼の凛々しいタキシード姿を写真に残しておきたい!お得で手軽な嬉しいフォトツアーのご案内です。

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧