みんなの新着コメント

ヨガ&エコ&ロハス
2011年8月7日
バリ島のカンムリシロムクを救え!ブガワン財団の環境保護活動
Check
8月9日(火)にバリ島絶滅機種 カンムリシロムクを
自然に帰すプロジェクトがブガワン財団によって行われます。

ブガワン財団とは、1999年に設立された非営利財団です。
医療、教育、自然環境の保護という分野において活躍しており、地域社会と特に子供たちにとって必要で有益な環境づくりを目指しています。



12年前から彼らが手掛けるプロジェクトである、
カンムリシロムク(jalak putih/ジャラッ プティ)の保護プロジェクトは
素晴らしい活動と実績からインドネシアとヨーロッパの信頼関係を築きあげる
すばらしい国交間のプロジェクトにまで発展し、
現在では欧州連合(EU)も大きなサポートを行っています。

今週8月9日(火)にヨーロッパで繁殖されたカンムリシロムクが
バリ島のデンパサール空港に到着し、バリ島の自然へと帰還されます。

********************************************************

Rp Jalak Bali カンムリシロムク バリ島 ルピアカンムリシロムク(jalak putih/ジャラッ プティ)とは
バリに生息する全長25cmの鳥で、白い羽と冠のような頭が特徴的。インドネシア・バリ州(バリ島)の州鳥である、バリのコイン通過200Rpの絵柄にもなっています。しかし、ここ数十年で生息地の破壊とペット用の乱護により、カンムリシロムクは絶滅の危機にあっています。


このような現状をみて、ブガワン財団はドイツのケルン動物園と協力をして
カンムリシロムクの繁殖、保護活動を実現することになりました。
ヨーロッパで育てられたオス10羽とメス10羽がバリバードパークで検閲を受け、その後ブガワン財団の繁殖センターで育てられます。
そして、7月27日にマレーシアのジュロンバードパークから安全に運ばれた別の
カンムリシロムクとペアになり繁殖します。

こういった一連の新しい遺伝子の導入とプログラムの実施を行うことで、
闇市場での安価売買を防ぎ、
カンムリシロムクが何世代にも渡って平和に暮らせる世界の実現を目指しています。

バリの美しい自然を守るこの活動に、少しでも興味をお持ちになった方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問い合せください。


◎問い合せ先◎

ブガワン財団
BEGAWAN FOUNDATION

担当者:Shirley Hermawan
電話: 0361 973 508
E-mail :Shirley.hermawan@begawanfoundation.org
Website: www.begawanfoundation.org








Check
[バリ島] [インドネシア旅行記] [観光スポット・世界遺産] [学ぶ・働く] [インドネシアの文化・歴史] [[バリ島]バリ島の自然] [その他「学ぶ・働く」]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2234.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

「ベリーダンス フェスティバル アジア 2010 in バリ島」公式日本語サイト
イベントコンテンツ

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧