みんなの新着コメント

お得な情報
2012年3月19日
★今週の運勢★バリ島占い ラマラン・アピ 2012年3月19日(月)〜2012年3月25日(日)
Check
占い



2012年 3月19日(月)〜 3月25日(日)



3月19日(月)の運勢】
今日の神様は…評価と調査の「デワ・カラ」

この日は、Soma(ソマ)Paing(パイン)
Metakih(メラキ)という日です。
バリ島の暦では昨日から明日までの3日間、心身の浄化に適した期間とされている。バリ島の信心深い人の中には、寺院で聖水を浴びたり瞑想をする人もいる。この3日間は、心身に溜まった疲れを開放するチャンスなので、リラックスできる環境や生活を意識すると良いじゃろう。のんびりゆっくり過ごすだけでなく、趣味や運動など心から楽しめることに熱中するのもおすすめじゃ。昨日に引き続き掃除や整理整頓が吉。一方で、今日は真偽を見抜く目が鈍りがちな日でもある。口の上手い人に注意じゃ。巧妙な口車に乗せられる前に、話の信憑性をしっかり見極めるようにしよう。「分かったつもり」の感覚で話をするのはトラブルの元。疑問点や不明点はそのままにせず、納得出来るまで確認することが大切じゃ。


3月20日(火)の運勢今日の神様は…守りとケアの「デウィ・ウマ」

の日は、Anggara(アンガラ)Pon(ポン)
Metakih(メラキ)
という日です。
今日はバリ島の暦上、心身の浄化に適した3日間の最終日に当たる。寺院や司祭を訪れて浄化用の聖水や神々を色でシンボライズした『ベナン・トリダトゥ』という手首に巻くお守りをもらうバリ人も多い。掃除・整理整頓をしっかり行うと吉じゃ。今日は感受性が高まる日と重なっているので、いつもは気がつかなかった自然の恵みや人の思いやりを感じとって深く感動したり幸福な気持ちになる人もいるじゃろう。元々がナイーブな人は涙もろくなったり多幸感に包まれることもあるかもしれん。良い香りのものや明るいきれいな色のものを身につけると気分が明るくなるのでおすすめじゃ。感覚が冴えてインスピレーションやアイデアが湧きやすくなるから、思いついた事はメモなどで記録を残しておくと後の役に立つじゃろう。一方で今日は上の空になりやすい日でもあるので忘れ物やうっかりミスに注意が必要じゃ。あれこれ考えて作業がおろそかにならないように気持ちの切り替えを心がけよう。



3月21日(水)の運勢】今日の神様は…繁栄と管理の「デウィ・スリ」

この日は、Buddha(ブッダ)Wage(ワゲ)
Metakih(メラキ)という日です。
今日は、バリ島の暦では自然の力と動植物の生命力が高まる日で、田植えや種まき、結婚、家の建て始めなど大切な節目の儀式を行うと良いとされる吉日じゃ。今日は自然に親しむことが心身の充電になるじゃろう。自然の景色が見える場所を散歩する、あるいは公園や植物園・動物園に行くのもおすすめじゃ。「そんな時間の余裕はない!」という人は自然の写真や映像を見るだけでも良いじゃろう。短時間でも息抜きの時間を作る事じゃ。ただし、自然の力が高まると人間に影響を及ぼすので、注意力・集中力が散漫になりがちじゃ。敏感な人は終日眠気に悩まされるかもしれん。ケアレスミスや忘れ物、ケガ、事故に注意しよう。また、悪気はなくとも気がゆるんで場違いな行動や失言をしてしまいがちでもある。言動の前にひと呼吸入れてみるとトラブルを減らせるじゃろう。



3月22日(木)の運勢】今日の神様は…美と活力の「デワ・インドラ」

の日は、Wrespati(ウレスパティ)Kliwon(クリウォン)Merakih(メラキ)という日です。
今日はバリ島のサカ暦の大晦日タウール・クサンガじゃ。今日は天上と地上の穢れを大掃除する日で、夕方から夜にかけて『オゴオゴ』という怪物の人形が街や村を賑やかに練り歩く。今日は心身の浄化や厄よけに良い日でもある。また、バリ島のウク暦では、今日は『未来』との関係が深い日じゃ。長期計画を立てたり、思い切って新しい仕事や勉強を始めるのに向いている。何事も前向きに積極的に取り組むと良い方向が見いだせるじゃろう。また、物質の力が強まるので、物品売買が吉。探していた品や希望通りの物が良い値段で手に入りやすいから、ショッピングに出かけてみるのも良いじゃろう。大きな商談も自信を持って取り組むと満足のいく結果が出るじゃろう。ただし、今日は物事の真偽が見えにくくなる日でもある。実物の伴わない取引や投資は確認と検討を重ねて慎重な判断が必要じゃ。迷ったら第三者の意見も参考にしてみることをおすすめする。

この日は、
Tilem Sasih Kesanga (ティレム・サシー・クサンガ)
Tawur Kesanga (タウール・カサンガ)
といって、
サカ暦9番目の月サシー・クサンガの新月。サシー・クサンガの最終日、サカ暦の大晦日です。地上の魔物や穢れを大掃除するため、バリ島中の寺院や祠で『ムチャル』という浄化の儀式が行われ『オゴ・オゴ』と呼ばれるモンスター人形がバリ島中の街や村に繰り出します。


3月23日(金)の運勢】日の神様は…指導と尊厳の「デワ・グル」

この日は、Sukra(スクラ)Umanis(ウマニス)
Merakih(メラキ)
という日です。
今日はサカ暦1934年の元旦『ニュピ』じゃ。新年に際して静かに内省し、自分の内的宇宙と内在神を見つめる日とされ、午前0時から明日の朝6時までバリ島中が通行止めになり、火気、灯火の使用、仕事や勉強、歌舞音曲、外出が禁止となる。また僧侶や信心深い家庭は日中の断食と瞑想も行う。そんな今日は『過去』を整理する日でもある。果たしていない約束、借りている金銭や物、未決案件などを確認して、出来ることはどんどん片付けてしまおう。今、片付けられない案件も期限や優先順位を付けておくことじゃ。ただし、今日が期限の事柄、期日から引き延ばして今日を迎えてしまった事柄あるいは約束はきっちり果たさないと信用回復は非常に難しい。安請け合いは避け、確実な約束を心がけるようにしよう。また今日は指導者のカリスマ性が高まる日とも重なっている。仕事や団体、家庭のリーダー的な立場にある人は、自信を持って堂々と指導を行うと良いじゃろう。

この日は、
Hari Raya Nyepi (ハリ・ラヤ・ニュピ)
Tahun Baru Saka 1934 (サカ暦1934年の新年)
といって、
サカ暦の新年です。断食・瞑想などをして自分を見つめる『沈黙の日』とされ、バリ島全島が通行止めとなり、火気・灯火の使用、歌舞音曲、外出が禁じられます。

3月24日(土)の運勢】今日の神様は…正義と審議の「デワ・ヤマ」

この日は、Saniscara(サニスチャラ)Paing(パイン)
Merakih(メラキ)
という日です。
今日はバリ島ではンゲンバック・グニという祭日じゃ。サカ暦の年明けに際して人々が互いに許し合う日とされておる。島中各地で伝統衣装で着飾った人たちや寺院祭礼を目にすることができるじゃろう。そんな今日は自然の力が強まる日と物事の真理が見えやすくなる日が重なっている。感覚が鋭くなるので直感やひらめきがあるじゃろう。芸術やクリエィティブなことを手がけている人は、創作意欲が高まって作業が進む。集中して取り組むと吉じゃ。ただし、自然の力が強まると、人はいつもの調子が出しにくくなる。眠気を感じたりぼんやりするなど体調に影響が出る人もいるかもしれん。感受性の高い人や疲れている人ほど影響を受けやすいので、うっかりミスやケガ、事故に注意が必要じゃ。体調の変化やだるさを感じたら根を詰めず、気分転換や休息を取るようにすると良いじゃろう。
この日は、
Hari Ngembak Geni (ハリ・ンゲンバック・グニ)
といって、
サカ暦の元旦の翌日。ニュピが明けて火が使えることに感謝する日です。過ぎた年の過ちを許し合って新年を祝う日でもあり、バリの人々は親戚や友人の家を訪問します。

3月25日(日)の運勢】今日の神様は…破壊と秩序の「デワ・ルドラ」

の日は、Redite(レディテ)Pon(ポン)
Tambir(タンビール)という日です。

今週は19番目のウク、タンビールじゃ。今週は数字の4、北の方角に関係がある。今日はバリ島の暦では、動植物の生命力が高まって収穫が大きくなる恵みの日とされ、バリ島では農業・畜産業の吉日じゃ。また、水に縁の深い日でもあり、新しい用水路を作ったり、家に水道を引くなど、人間の生活や用途に水を取り入れるための工事を始めるのにも良いとされる。今日は勉強や仕事を通して自分が何を得たいのか、どうなりたいのかというビジョンをしっかりと持つと良いじゃろう。余計なことに手を出さず、そのビジョンに沿った仕事や勉強に集中して吉じゃ。必ず出来るという前向きな考えと強い確信が大きな収穫をもたらすじゃろう。ただし、それは自分自身でしっかりと努力をしてこその収穫じゃ。バリの人々はよく「(人は知らなくても)神は(その行いを)知っている。(後の報いを)まあ、見ていなさい」と言う。他人を騙したり横取りして得た収穫や評価はそのときは良くても後にそのツケを払うときが来るという意味なのじゃ。


バリ島 暦
ラ マラン・アピはバリ島の暦にそって、その日がどのような日であるかを占います。バリ島には西暦の他に、『サカ暦』と『ウク暦』という2つの暦があり、 この暦に沿ってヒンドゥー教の祭礼や行事が行われています。『サカ暦』とは新月の翌日から次の新月までをひと単位とする12の月(サシー)を1年とする太 陰暦、 『ウク暦』は7日をひと単位とする30の週(ウク)からなる210日を一巡りとする暦です。これらの暦に並行してさらにワラと呼ばれる10種類の異なる周 期を持つ暦が 同時に走っています。これらの非常に複雑な暦の単位ひとつひとつが意味や性格を持っています。一般的に、バリ暦の日付はサプタワラ(7日暦)、 パンチャワラ(5日暦)、ウク(週)で表されます。例えば2010年1月1日は、サプタワラ(7日暦)スクラ、パンチャワラ(5日暦)ワゲ、ウク(週) ウィエで、 そのままスクラ・ワゲ・ウィエと呼ばれます。

Check
[バリ島] [インドネシア旅行記] [インドネシアの文化・歴史] [インドネシアの社会・マナー]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2434.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

「ベリーダンス フェスティバル アジア 2010 in バリ島」公式日本語サイト
イベントコンテンツ

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧