みんなの新着コメント

芸能&アート
2012年6月12日
6月16日 渋谷でガムラン演奏と親指ピアノ!美味しいインドネシア料理バリ•カフェ•モンキーフォレスト
Check
モンキー DE ガムラン・トゥラン・ブーラン
with サカキマンゴー(親指ピアノ)!!
@渋谷 バリ・カフェ・モンキーフォレスト


東京地方は梅雨入りしました。ということは、夏はもう目前。
南国音楽、ガムランの季節です。
トゥラン・ブーランTerang Bulanの青銅ライブ、今回は、親指ピアノの
サカキマンゴーさんをゲストに迎え、
メタルな揺らぎサウンドを存分にお聴かせします。
ご自身のバンド"サカキマンゴー&リンバトレイン"でアフリカツアーを
熱く終えて帰国したばかりのマンゴーさん。
これは必見!!お待ちいたしております。熱い週末をどうぞ〜。


日時:2012年6月16日(土)open 15:00- / start 15:30-
場所:渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト
鑑賞料:前売・予約 2,500円 当日 2,800円(ドリンク別)



Photo: http://www.monkey-forest.jpより

うなる金属、めぐるビート!! インドネシア・バリ島のガムランと
アフリカの親指ピアノの響きに満たされる午後。
美味しいインドネシア料理とともにどうぞ。

■出演:
ガムラン:トゥラン・ブーラン Terang Bulan(櫻田素子、秋山ゆかり、田中沙織、新留美哉子、錦織照子、若林康明、渡辺泰子)
バリ舞踊:小泉ちづこ

小泉ちづこ/バリ舞踊家。劇団民藝在団中にバリ舞踊を始め、2001年から2年間インドネシア国立芸術大学舞踊科に留学。バリ舞踊教室/企画チプタ・ブミを主宰。舞台表現者としてバリ舞踊の形式と作品の世界を探求していくと共に、近年は創作活動やバリ舞踊の枠をゆるめたり外したり、まったく別の世界に身を置いてみたり。からだと心の可能性をたくさんの人と共有したいと思い、表現活動を続ける。 http://www.muse.dti.ne.jp/c-bumi/

トゥラン・ブーラン/"Terang Bulan"は、インドネシア語で「輝く月」の意。青銅や竹製などバリ島のさまざまなガムランを演奏するユニット。リーダー櫻田素子によって3~20人程まで自在に組まれ、バリ伝統曲、バリ舞踊曲、オリジナル、他ジャンルアーティストとのコラボレーションなど、多彩なシーンで演じている。2009年バリ島芸術祭に招聘、その音楽のオリジナリティー、芸術性、卓越したテクニックを高く評価された。CD『ガムランの小箱/Terang Bulan+佐野篤』 書籍(CD付)『ガムラン、ゆらぎの音色/櫻田素子』(プリズム社)  http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/


●スペシャル・ゲスト: サカキマンゴー/親指ピアノ

アフリカの楽器・親指ピアノの演奏家。親指ピアノとロックを革命的に融合させ、海外の音楽フェスにも多く出演。最近ではアフリカと、自らのルーツ鹿児島の言葉との融合に熱心で、アルバム「オイ!リンバ」(サカキマンゴー&リンバ・トレイン・サウンド・システム名義)にその成果を集約した。一方、定期的にアフリカ各地で現地調査を行い、飾らない音楽の現場を著書やワークショップを通じて発信している。公式ウェブサイト http://sakakimango.com


■ご予約・お問合せ:  
バリカフェ・モンキーフォレスト  http://www.monkey-forest.jp/
TEL: 03-3464-4633  FAX:03-3464-4630
住所:東京都渋谷区桜丘町10-8

Check
[バリ島] [インドネシア旅行記] [食べる] [遊ぶ] [インドネシアの文化・歴史] [インドネシア料理] [映画・芸能・イベント]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2482.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

バリ島旅行 インドネシア旅行専門店 バリ・ツアーズ.com の公式ブログ!

バリ島 で人気の ウェディング フォトツアー !既に挙式済み、挙式はしないけど、憧れのウェディングドレスを着て、綺麗な花嫁に変身。彼の凛々しいタキシード姿を写真に残しておきたい!お得で手軽な嬉しいフォトツアーのご案内です。

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧