みんなの新着コメント

お得な情報
2013年9月30日
★今週の運勢★バリ島占い ラマラン・アピ 2013年 9月30日(月)~10月6日(日)
Check
占い
2013年9月30日(月)~10月6日(日)
【9月30日(月)の運勢】 今日の神様は…指導と尊厳の「デワ・グル」
この日は、Soma(ソマ)Paing(パイン)Warigadean(ワリガデアン)という日です。
今日はバリ島の暦では『守り』に関係する日じゃ。バリ島では僧侶からお守りをもらったり、建物を囲う塀を作ると良い日とされている。また、自然の力が高まって人に影響をおよぼすので、考えがまとまらなかったり、眠くなったりする人もいるかもしれん。ケアレスミス、けが、事故に用心しよう。対人も同様で、気配りや注意力が散漫になってマナーに欠ける行動や失言をしてしまいがちじゃ。今日は指導や尊厳を表すグル神の日とも重なっているから、そういった言動は大事になりやすく信頼回復も困難になる。充分な注意が必要じゃ。周りの注目を浴びることや新しいことよりも、地道なデスクワークや家の整理整頓など、ひとりでコツコツ片付けていくような作業の方がはかどるじゃろう。ただし、何事も根を詰め過ぎないように。考えが堂々巡りになったり、体調の変化を感じたら無理をせずに休憩するようにしよう。
【10月1日(火)の運勢】 今日の神様は…正義と審議の「デワ・ヤマ」
この日は、Anggara(アンガラ)Pon(ポン)Warigadean(ワリガデアン)という日です。
今日のキーワードは『公共性』じゃ。バリ島の暦では、今日は人と環境・社会の結びつきを表す日とされ、伝統的な村社会の行事や共同作業に適した日とされている。同時に人の心がオープンになりやすい日も巡っていて、人の誠意や自然の美しさに感動しやすい日でもある。そんな今日は、人に対する感謝は素直に表して吉。また、家庭や職場、団体活動など、自分が関わっているグループのために動くと自分自身にも得るものがあるじゃろう。ボランティアやチャリティイベントなどに参加するのも良いじゃろう。対人関係や仕事、取引では自分だけでなくお互いの利益を考えるとより良い成果につながるじゃろう。会合やミーティング、人寄せが吉。ただし今日は、真偽が見極めにくくなる日でもある。目先の損得感情や第一印象で安易に物事や人を判断するのは避けた方が良いじゃろう。
【10月2日(水)の運勢】 今日の神様は…破壊と秩序の「デワ・ルドラ」
この日は、Buddha(ブッダ)Wage(ワゲ)Warigadean(ワリガデアン)という日です。
今日はバリ島の暦では、『喜び』や『繁栄』を意味する日が複数重なる幸運日じゃ。仕事、私生活など何事も上手くいくと感じたり、ラッキーなことに出会う人もいるかもしれん。嬉しいことがあったら、その分周りの人を喜ばせることをして幸運を分け合うとさらに運気が良くなるじゃろう。その一方で、破壊と秩序を表すルドラ神の日も巡っている。今まで積み重ねて来た事がゼロになったり急な転機や変化が起きてた惑うことがあるかもしれないが、それは必然とでも言えるのもなので、抗わずに受け入れると新たな道がみつかるじゃろう。今日は過去にも縁がある。以前お世話になった人や疎遠になってしまった人、旧友に連絡をしてみるとまた縁が繋がるじゃおる。今日はバリ島では身を慎んで心身の浄化を心がける日でもある。ストイックとまではいかずとも、暴飲暴食を避けてゆったりと過ごすと思考がクリアになるじゃろう。身の回りの整理整頓、掃除も吉。
【10月3日(木)の運勢】 今日の神様は…創造と怒りの「デワ・ブラフマ」
この日は、Wrespati(ウレスパティ)Kliwon(クリウォン)Warigadean(ワリガデアン)という日です。
今日はバリ島の暦では、カジャン・クリウォンといってブタカラ(魔物)や精霊が地上を徘徊するマジカルな日とされておる。バリ島では占いや厄よけの浄化に良いとされる反面、悪戯をされないように身を慎んで家の前や四つ辻などにブタカラや精霊を鎮める供物を供える。今日は何となく意識が散漫になりがちなので、不注意による事故や怪我、無くし物に注意しよう。また、訳もなくイライラしたり、ささいなことに怒りを感じたときは、その場を離れるか話題を変えるなどして気分転換を心がけた方が得策じゃ。くれぐれも感情の勢いで物事を判断したり決めつけたりしないことじゃ。また、同時に創造と怒りを表すブラフマ神の日も巡っている。前述のようにナーバスになる反面で新たな世界や可能性に気がつく人もいるかもしれん。それをチャンスだと思って前向きに行動すると吉じゃ。
【10月4日(金)の運勢】 今日の神様は…評価と調査の「デワ・カラ」
この日は、Sukra(スクラ)Umanis(ウマニス)Warigadean(ワリガデアン)という日です。
今日はバリ島の暦ではあらゆる事柄の収穫に繋がる日とされ、魚とりの網を作ったり、舞踊やガムランなどの芸事を習い始めると収穫に恵まれる日とされている。また、家の棟上げや引っ越しに適した日でもある。未来を象徴する日でもあるので、仕事、勉学、趣味、習い事などジャンルは問わず新しい知識を得る努力を始めると継続と成果に繋がるじゃろう。新しい技術や経験を身につける言動が吉じゃ。特に芸術関連に関わる人はその傾向が強まるじゃろう。人を指導する立場にある人は、持ち前のリーダーシップが高まる日でもある。公平公正な厳しさが求められるじゃろう。ミーティングや会合が吉。ただし、今日は嘘や約束の不履行に注意が必要じゃ。不確かな情報や噂話は鵜呑みにせずに出来る限り『自分で』確認を取ってから判断するようにしよう。
↑ この日は、Tilem Sasih Katiga(ティレム・サシー・カティガ)。サカ暦3番目の月サシー・カティガの新月。サシー・カロの最終日です。
【10月5日(土)の運勢】 今日の神様は…守りとケアの「デウィ・ウマ」
この日は、Saniscara(サニスチャラ)Paing(パイン)Warigadean(ワリガデアン)という日です。
今日のキーワードは『繋がり』じゃ。バリ島の暦では鉄を鍛えるように人との絆がより強まる日とされておる。家族や友人、周囲の人たちと積極的に対話すると良いじゃろう。相手の話の中に今後のヒントがあるので、人と話をするときは、話を聞き出したり、聞き役に回る事をお勧めする。楽しい会話は結構だが愚痴や悪意のある噂話は自分に戻って来るので言うのも聞くのも避けること。また、今日は過去を清算するチャンスでもある。対人関係で問題を抱えている人は、そろそろ見切りの時期かもしれん。新たな人間関係に目を向けるとより明るい展望に繋がるじゃろう。今日は物忘れに注意が必要じゃ。特に約束事を忘れると信頼回復が難しい日でもあるからできない約束や安請け合いはしないようにしたい。
【10月6日(日)の運勢】 今日の神様は…繁栄と管理の「デウィ・スリ」
この日は、Redite(レディテ)Pon(ポン)Julungwangi(ジュルンワンギ)という日です。
今週は9番目のウク、ジュルンワンギじゃ。今週は数字の7、西の方角に関係がある。今日はバリ島の暦では、繁栄と管理を表すスリ女神の日が巡っていて、田畑の土を耕して種まきの準備をしたり収穫した穀物を蔵に貯蔵するのに良い日とされている。今日は消費よりも貯蓄、企画よりも実務が吉。先の読めない新しいことに手を出したり、下手な結論を出すよりも、地道に準備や情報収集をする方が良いじゃろう。直感やひらめきは鈍りがちじゃ。今日はアレコレ悩んだり考え込まずに現状を維持することを考えよう。自然の力が高まって人に影響を及ぼしやすい日でもある。体調の変化や疲れを感じたら無理せず休息を取ろう。周りの目が厳しさを増している。親しい人の前でもはめを外しすぎないようにしよう。節度のある礼儀正しい言動を心がけると吉じゃ。


バリ島 暦
ラ マラン・アピはバリ島の暦にそって、その日がどのような日であるかを占います。バリ島には西暦の他に、『サカ暦』と『ウク暦』という2つの暦があり、 この暦に沿ってヒンドゥー教の祭礼や行事が行われています。『サカ暦』とは新月の翌日から次の新月までをひと単位とする12の月(サシー)を1年とする太 陰暦、 『ウク暦』は7日をひと単位とする30の週(ウク)からなる210日を一巡りとする暦です。これらの暦に並行してさらにワラと呼ばれる10種類の異なる周 期を持つ暦が 同時に走っています。これらの非常に複雑な暦の単位ひとつひとつが意味や性格を持っています。一般的に、バリ暦の日付はサプタワラ(7日暦)、 パンチャワラ(5日暦)、ウク(週)で表されます。例えば2010年1月1日は、サプタワラ(7日暦)スクラ、パンチャワラ(5日暦)ワゲ、ウク(週) ウィエで、 そのままスクラ・ワゲ・ウィエと呼ばれます。
Check
[バリ島] [インドネシア旅行記] [インドネシアの文化・歴史] [インドネシアの社会・マナー]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2770.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

バリ島旅行 インドネシア旅行専門店 バリ・ツアーズ.com の公式ブログ!

バリ島 で人気の ウェディング フォトツアー !既に挙式済み、挙式はしないけど、憧れのウェディングドレスを着て、綺麗な花嫁に変身。彼の凛々しいタキシード姿を写真に残しておきたい!お得で手軽な嬉しいフォトツアーのご案内です。

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧