みんなの新着コメント

観光情報
2014年2月21日
今年もやってくる!1年に1度の静寂の日『ニュピ』
Check

2014年3月31日(月)、バリ島の伝統の暦サカ暦の元旦ニュピが巡って来ます。新しい年の始めに自分自身と周囲、世界の平和を神に祈るべし!とされるニュピの日は、終日に渡って、外出、労働、灯火の使用、踊りや音楽演奏が禁止。車やバイクでの通行だけでなく飛行機も欠航になる徹底ぶりで、バリ島全体が静けさに包まれる世界的にも珍しい『静寂の日』です。

 サカ暦って? 
バリ島には西暦の他に、『サカ暦』『ウク暦』という2つの暦があり、これらの暦に沿ってヒンドゥー教の祭礼や行事が行われています。『サカ暦』とは新月の翌日から次の新月までをひと単位とする12の月(サシー)を一巡りとする太陰暦で、ニュピはサカ暦の10番目の月の第一日目に当たります。ニュピの日は毎年西暦の3月から4月頃に巡って来ます。

ニュピの静寂の制限は、バリ人だけでなくこの日島内にいるすべての人たちも同じです。外国人観光客も例外ではないのでこの日は外出はできませんが、バリ島のホテルやリゾートではニュピの日のためにスペシャルパッケージを用意しているところも多く、ホテルやリゾートの中で1日ゆっくりできる様々なサービスを提供しています。昼間はリゾート内で様々なアクティビティやお食事を楽しみ、夜は灯火が消えたバリ島の降るような星空を眺めながら大切な人と寛ぐ、なんて素敵&貴重な体験もできてしまいます!

 ニュピ前夜、エキサイティングな 
 『オゴオゴ』が街を練り歩く! 

ニュピ前日の大晦日は、地下世界の神様ヤマ神が大掃除をするとされ、バリ島では地上に追い出された魔物に悪戯されないように悪霊をなだめる儀式をします。
そして夕方から真夜中にかけてがクライマックス!バリ島中でモンスターや物語の場面を模した巨大な張りぼて『オゴオゴ』を御神輿のように担いで街を賑やかに練り歩く迫力満点のパレードが行われます。賑やかなガムランの音と一緒に、大きいものでは4m以上にもなるオゴオゴが続々と登場する光景は圧巻の一言!

ogoh ogoh  nyepi オゴオゴ ニュピ

昨年のオゴオゴリポートはコチラからどうぞ!

ニュピの『静』とオゴオゴの『動』がとても印象的なバリ島の新年。世界的にも注目されている1年に一度の貴重なニュピを楽しみにバリ島へやって来るディープなリピーターもいるほどなのです。是非この伝統行事を体験しにバリ島へ!




Check
[バリ島] [インドネシア旅行記] [観光スポット・世界遺産] [インドネシアの文化・歴史] [インドネシアの社会・マナー]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2847.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

バリ島旅行 インドネシア旅行専門店 バリ・ツアーズ.com の公式ブログ!

バリ島 で人気の ウェディング フォトツアー !既に挙式済み、挙式はしないけど、憧れのウェディングドレスを着て、綺麗な花嫁に変身。彼の凛々しいタキシード姿を写真に残しておきたい!お得で手軽な嬉しいフォトツアーのご案内です。

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧