みんなの新着コメント

お得な情報
2014年3月3日
★今週の運勢★バリ島占い ラマラン・アピ 2014年3月3日(月)~2014年3月9日(日)
Check
占い
2013年 3月3日(月)~3月9日(日)
【3月3日(月)の運勢】 今日の神様は…指導と尊厳の「デワ・グル」
この日は、Soma(ソマ)Umanis(ウマニス)Watugunung(ワトゥグヌン)という日です。
今日はバリ島の暦では、未来を象徴する日と指導者・リーダーの影響力を意味する日、さらに指導と尊厳を司るグル神の日が重なっておる。今日得た信頼は長く続き、逆に信頼を失うとその回復に時間がかかるじゃろう。今日に限ったことではないが、嘘をついたり約束を反故にすることのないよう心がけよう。迷ったときは上司やリーダー、先輩へのこまめな連絡・相談・報告が解決の糸口になるじゃろう。苦手だと思っている事でも前向きに真剣に取り組むと達成感や自信を得る事ができる。リーダー的な立場にある人は問題・課題に対しては厳しい指導や対処が必要じゃ。ただし、馴れ合いや印象だけでの判断は公正さを欠く原因になるので注意。また今日はバリ島では踊りや伝統楽器の演奏などの芸事を習うのに良い日でもある。人前で成果を披露するような趣味や習い事を始めてみるのもおすすめじゃ。
【3月4日(火)の運勢】 今日の神様は…正義と審議の「デワ・ヤマ」
この日は、Anggara(アンガラ)Paing(パイン)Watugunung(ワトゥグヌン)という日です。
今日はバリ島の暦では、現実・現在に縁が深い日で、建物の土台を作ったり、学問や芸事を始めるのに適した日とされている。今日は地道な努力や地に足のついた言動が吉じゃ。理性が勝って、物事の道理を捉えやすくなる日でもあるから、決断や判断の好機でもある。情報収集やデータ収集といった作業もはかどるじゃろう。芸術や創作分野に携わる人は、日常の人との関わりがヒントやアイデアに繋がるじゃろう。また、今日はバリ島では『パイド・パイダン』という祭日で、強欲な行いと木登りは禁忌とされる。手柄を急ぐのも大事だが、スタンドプレーはこの際後回しにして、周囲の人たちと喜びや利益、評価を分かち合う姿勢が運を呼ぶじゃろう。
【3月5日(水)の運勢】 今日の神様は…破壊と秩序の「デワ・ルドラ」
この日は、Buddha(ブッダ)Pon(ポン)Watugunung(ワトゥグヌン)という日です。
今日はバリ島の暦では自然の力が強まる日と動植物の生命力が高まる日、破壊と再構築を司るルドラ神の日が重なっている。バリ島では自然の力が人間に影響を及ぼすと信じられているマジカルな日じゃ。何となくボンヤリしたり、とっさの判断、理解が鈍くなるので要注意の日とされている。今日は終日眠気が続いたり感情の浮き沈みが大きくなる人もいるかも知れん。周囲の空気に敏感な人ほど影響が出やすいので冷静に慎重に行動しよう。また、今日の無理な頑張りは失敗や事故に繋がりやすい。体調の変化を感じたら無理せず休憩をとるようにしよう。植物の手入れや動物とのふれあいは、彼らの生命力と元気を分けてもらえるので吉。新鮮な野菜や果物をたくさん食べるのもおすすめじゃ。
【3月6日(木)の運勢】 今日の神様は…創造と怒りの「デワ・ブラフマ」
この日は、Wrespati(ウレスパティ)Wage(ワゲ)Watugunung(ワトゥグヌン)という日です。
今日はバリ島の暦では、商売・商取引に適した日、商人の吉日とされておる。販売業や営業職の人は自信を持って商品や製品をアピールすると成果に繋がるじゃろう。また今日は将来に関係が深い日でもある。仕事や勉強の長期計画、進路、キャリアステップなどについてじっくり検討すると良いじゃろう。交友関係や恋愛面でも今後どうしていくかを考える好機じゃ。いずれにしても目指すライフスタイルのイメージをしっかり持つことが鍵となるじゃろう。一方で、真偽の判断が鈍りがちな日でもある。印象や感覚だけで物や人を単純に判断しないようにしよう。人の言葉や意見を鵜呑みにせず、しっかりと観察・確認して最後は『自分』で判断を下すことが重要じゃ。
【3月7日(金)の運勢】 今日の神様は…評価と調査の「デワ・カラ」
この日は、Sukra(スクラ)Kliwon(クリウォン)Watugunung(ワトゥグヌン)という日です。
今日はのキーワードは『調整』じゃ。バリ島の暦では、周囲との関係が強まる日に加え、評価と調査を司るカラ神の日もめぐっている。バリ島では家の門や屋根など外部へ面した部分の修理や楽器の調律と音合わせをすると良い日とされている。今日は、仕事や勉強の進度の確認と調整、グループ内での意見の擦り合わせといった対外的なことから、個人的な対人関係といったプライベートな調整にも適した日じゃ。いずれも対象とのバランスが重要となるじゃろう。理想はあれど実際には妥協が必要とされるケースや場面もある。実際に行動するかどうかは自分次第。投げやりも無理は禁物じゃ。また今日は指導者のカリスマ性が高まる日でもある。リーダー的立場にある人は指導や訓示、指示がしっかり伝わるじゃろう。とはいえ指導に基づいた成果は実行する人たちの能力の高さがもたらすものでもある。謙虚さと感謝の気持ちを忘れずに。
【3月8日(土)の運勢】 今日の神様は…守りとケアの「デウィ・ウマ」
この日は、Saniscara(サニスチャラ)Umanis(ウマニス)Watugunung(ワトゥグヌン)という日です。
今日はバリ島の暦では、知識や言語、文化を司るサラスワティ女神が地上へ降臨する重要な祭日じゃ。バリ島全体の寺院や学校で大小さまざまな祭礼が行われる。さらに自然の力が高まる日と目に見えない存在や事象の影響が強まるとされるマジカルな日とも重なっている。感覚の鋭い人、ナイーブな人ほど影響を受けやすいとされるので、体調や感情の管理を心がけたい。注意力・判断力が低下しがちなので、不注意から来るうっかりミスや失言、ケガや事故に用心しよう。できれば休息や気分転換を。また。バリ島にはサラスワティの祭日の翌朝に海や川で水浴びをすると女神の美しさにあやかれるという言い伝えがある。今夜はゆっくりとリラックスして時間をすごし、香りの良いものを身の回りにおいて眠ると良いじゃろう。今日縁があったペットは飼って吉。引っ越しも吉じゃ。
↑ この日は、Hari Sanghyang Aji Saraswati(ハリ・サンヒャン・アジ・サラスワティ)。 文化や学問を司るサラスワティ女神の祭日です。本や勉強道具を揃え、各家庭はもちろんバリ島各地の学校や教育機関で祭礼が行われます。厳密には、この日に読み書きをしてはいけないとされています。
【3月9日(日)の運勢】 今日の神様は…繁栄と管理の「デウィ・スリ」
この日は、Redite(レディテ)Paing(パイン)Sinta(シンタ)という日です。
今日はバリ島の暦では、バニュ・ピナルーという浄化の日じゃ。信心深いバリ人は海や川、泉などで水浴びをし、寺院や僧侶の元を訪れて花の香りを移した聖水を受けて心身の浄化を祈る。そんな今日は人と社会の関係を象徴する日と、繁栄・管理を表すスリ女神の日が重なっていて、バリ島では村の共同作業や共有施設の修理を行うと良い日とされておる。今日は個人行動よりも集団で相談・協力して行う仕事や作業の方が成果が出やすいじゃろう。とはいえ集団にはしがらみもある。余計な言動は悪目立ちに繋がるので避けた方が無難じゃ。自然な対応と態度が吉。迷ったときは基本中の基本である報告・連絡・相談を忘れずに。その場しのぎの嘘やごまかしは後々の問題の火種になりかねないので正直な意見を出し合うことが大切じゃ。


バリ島 暦
ラ マラン・アピはバリ島の暦にそって、その日がどのような日であるかを占います。バリ島には西暦の他に、『サカ暦』と『ウク暦』という2つの暦があり、 この暦に沿ってヒンドゥー教の祭礼や行事が行われています。『サカ暦』とは新月の翌日から次の新月までをひと単位とする12の月(サシー)を1年とする太 陰暦、 『ウク暦』は7日をひと単位とする30の週(ウク)からなる210日を一巡りとする暦です。これらの暦に並行してさらにワラと呼ばれる10種類の異なる周 期を持つ暦が 同時に走っています。これらの非常に複雑な暦の単位ひとつひとつが意味や性格を持っています。一般的に、バリ暦の日付はサプタワラ(7日暦)、 パンチャワラ(5日暦)、ウク(週)で表されます。例えば2010年1月1日は、サプタワラ(7日暦)スクラ、パンチャワラ(5日暦)ワゲ、ウク(週) ウィエで、 そのままスクラ・ワゲ・ウィエと呼ばれます。
Check
[バリ島] [インドネシア旅行記] [インドネシアの文化・歴史] [インドネシアの社会・マナー]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2850.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

「ベリーダンス フェスティバル アジア 2010 in バリ島」公式日本語サイト
イベントコンテンツ

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧