みんなの新着コメント

お得な情報
2014年3月24日
★今週の運勢★バリ島占い ラマラン・アピ 2014年3月24日(月)~2014年3月30日(日)
Check
占い
2014年 3月24日(月)~3月30日(日)
【3月24日(月)の運勢】 今日の神様は…守りとケアの「デウィ・ウマ」
この日は、Soma(ソマ)Paing(パイン) Ukir(ウキール)という日です。
今日のキーワードは『積極性』じゃ。バリ島の暦では今日は未来/今後を象徴する日であり、今日撒いた種は今後に大きな影響を及ぼすから無為に時間を過さないようにしたい。対人に運気アップの鍵がある日なので、人に会ったり会合に参加すると吉。積極性が求められる日なので、会議やミーティングその他、意見を発表する場面でははっきりとした明確な言い方をこころがけることじゃ。プライベートでは家族や配偶者、親しい友人といった大切な人たちとゆっくり話をする時間が心を癒してくれるじゃろう。ただし今日は『厳しさ』の日とも重なっている。約束を反故にしたり、ささいな言葉の行き違いが相手を予想外に怒らせてしまうこともある。親しき仲にも礼儀あり、常識のある言動を心がけよう。
【3月25日(火)の運勢】 今日の神様は…繁栄と管理の「デウィ・スリ」
この日は、Anggara(アンガラ)Pon(ポン) Ukir(ウキール)という日です。
今日はバリ島の暦では、現在に関係がある日に加え豊穣とそのための管理を現すスリ女の日が巡っている。今日は実作業や現在行っている事を優先すると良い日じゃ。仕事や勉強、生活態度・習慣などあらゆる場面で今できる事、改善できる事があれば、すぐに取り組んでみると良いじゃろう。現実的な判断ができる日でもあるから、計画の見直しや確認にも適していると言えるじゃろう。また、知識を深めるにも良い日じゃ。今日は『喜び』を象徴する日とも重なっている。何事もスムーズに進むラッキーな一日だと感じる人もいるじゃろう。良い事があったら、その分周りの人を喜ばせるとさらに良い変化の流れにのれるじゃろう。
【3月26日(水)の運勢】 今日の神様は…美と活力の「デワ・インドラ」
この日は、Buddha(ブッダ)Wage(ワゲ) Ukir(ウキール)という日です。
今日はバリ島の暦では、水に縁の深い日とされ、住居の水道や田畑の水路を開くと良い日とされてきた。水の特質としての流れや形のなさ、変化を象徴する日でもある。今日を起点として始まることは”自然なことであれば”水が流れ込んで来るようにスムーズに進むじゃろう。逆に無理をしたり、強要したりされたりして始まる事は『停滞』に繋がるので今日のスタートは避けた方が良い。また今日は人や場所、物事との縁を感じる場面があるかもしれん。大事にして吉じゃ。就職・転職活動、引っ越しといった変化に繋がる活動に適した日でもある。ただし普段よりも注意力や集中力が散漫になりやすいのでケアレスミスやケガ、事故に注意しよう。何はともあれ今日は何事も無理は禁物じゃ。
【3月27日(木)の運勢】 今日の神様は…指導と尊厳の「デワ・グル」
この日は、Wrespati(ウレスパティ)Kliwon(クリウォン) Ukir(ウキール)という日です。
今日はバリ島の暦では動植物の生命力が高まる日と、リーダー、指導者のカリスマ性や影響力が強まるとされる日が重なっている。今日は特に用心深く日を選んで行われる大切な行事、例えば新しい田畑への鋤入れ、寺院の棟上げなどに適した日とされる。職場や学校、家庭でのリーダー的な立場にある人は、影響力と周囲からの注目が高まるじゃろう。今日は大きなチャンスを得る反面、厳しい立場に立たされたり苦渋の選択をしなければならない人もいるかもしれん。乗り越えるべきことなので妥協は禁物じゃ。リーダーに従う立場の人は自分の意見を正直に述べると吉。意見が聞き入れられなくても考え方のヒントや学びを得ることができるじゃろう。素直な気持ちを持つ事が大切じゃ。
【3月28日(金)の運勢】 今日の神様は…正義と審議の「デワ・ヤマ」
この日は、Sukra(スクラ)Umanis(ウマニス) Ukir(ウキール)という日です。
今日はバリ島の暦では、正義と審議を司るヤマ神の日、人と社会の繋がりを象徴する日が重なっている。積極的に人に関わることで、良い変化を得ることができる日じゃ。同時に人に対する洞察力が高まるので人の言葉や仕草、目つきなどから相手の善意も悪意も汲み取りやすくなるので、よほど対応を間違えなければ対人で行う商談、取引、会合、会議などの結果は吉と出るじゃろう。また、今日得た意見やアドバイスは今後に役立つので心に留めておくと良いじゃろう。無責任なうわさ話や根拠のない非難は自分に戻るので、話題を変えるかその場に長居しないなどして避けるようにしよう。また今日は『過去』と関係する日でもあり。物や事を修正・修復する日じゃ。疎遠になってしまった友人や遠方の知り合いなどに連絡を取ってみると良いじゃろう。
↑ この日は、Hari Bhatari Sri(ハリ・ブタリ・スリ)。 稲と田の女神ブタリ・スリ(デウィ・スリ)の祭日です。稲にまつわる場所や物に供物を供え、収穫の感謝と豊穣を祈ります。
【3月29日(土)の運勢】 今日の神様は…破壊と秩序の「デワ・ルドラ」
この日は、Saniscara(サニスチャラ)Paing(パイン) ウキール(ウキール)という日です。
今日はバリ島の暦では動植物の生命力が高まる日と自然の力が強まる日が重なっている。さらに破壊と秩序を現すルドラ神の日も巡っているので、物事の影響や結果が極端になりやすい日じゃ。新しい勉強や習い事を始めたり、新しい仕事に着手するなど前向きに未経験の事に取り組むと実りとなって返ってくるじゃろう。今日の影響は良い事だけでなく逆も同じなので、善悪の判断を誤らないようにしたい。リーダー的な立場にいる人は人事関連が吉。適材適所の人選ができるじゃろう。また、今日何らかの役割あるいは肩書きを得た人は、得意分野であってもそうでなくても真剣に取り組むと大きな飛躍に繋がる。ただし、今日は、自然の力の影響でなんとなく考えがまとまらなかったり、1日中眠気が抜けない人もいるかもしれん。疲れているときは特にその傾向が強まるから、体調の変化を感じたら無理はしないことじゃ。
【3月30日(日)の運勢】 今日の神様は…創造と怒りの「デワ・ブラフマ」
この日は、Redite(レディテ)Pon(ポン) Kurantil(クランティル)という日です。
今週は4番目のウク、クランティルじゃ。今週は北東の方角と数字の6に関係がある。今日はバリ島のサカ暦の大晦日じゃ。バリ島では今日は地下の神が大掃除をするために魔物が地上に出て来るとされる。バリ島では夕方から夜にかけて『オゴオゴ』という怪物の人形が村を賑やかに練り歩いて魔物を鎮め、明日のサカ歴の元日ニュピを迎える準備をする。今日はバリ島では神に繋がりやすく、真剣な願掛けに良い日とされる。また、嘘は神の前には無力という点から嘘をつくことは特に禁忌される。今日は何かの企画を立てたり、仕事やプライベートの活動方針を決めるといった先に関して考える作業が吉じゃ。ただし、今日は思考が冴えるのだが、早とちりや誤解をしやすい日でもある。相手の言葉を深読みしたり、勝手に判断して実際とは違った受け止め方をしてしまうことがあるかもしれん。後ろ向きな自己完結に陥らないように気持ちを前向きに保つ事が大切じゃ。分からないことはあやふやなままにせず、しっかりと確認をしてから行動を起こした方が良いじゃろう。
↑ この日は、Tilem Sasih Kasanga(ティレム・サシー・カサンガ)、Tawur Ksanga(タウール・カサンガ)。 サカ暦9番目の月サシー・カサンガの新月。サシー・カサンガの最終日、サカ暦の大晦日です。地上の魔物や穢れを大掃除するため、バリ島中の寺院や祠で『ムチャル』という浄化の儀式が行われ『オゴ・オゴ』と呼ばれるモンスター人形がバリ島中の街や村に繰り出します。
バリ島 暦
ラ マラン・アピはバリ島の暦にそって、その日がどのような日であるかを占います。バリ島には西暦の他に、『サカ暦』と『ウク暦』という2つの暦があり、 この暦に沿ってヒンドゥー教の祭礼や行事が行われています。『サカ暦』とは新月の翌日から次の新月までをひと単位とする12の月(サシー)を1年とする太 陰暦、 『ウク暦』は7日をひと単位とする30の週(ウク)からなる210日を一巡りとする暦です。これらの暦に並行してさらにワラと呼ばれる10種類の異なる周 期を持つ暦が 同時に走っています。これらの非常に複雑な暦の単位ひとつひとつが意味や性格を持っています。一般的に、バリ暦の日付はサプタワラ(7日暦)、 パンチャワラ(5日暦)、ウク(週)で表されます。例えば2010年1月1日は、サプタワラ(7日暦)スクラ、パンチャワラ(5日暦)ワゲ、ウク(週) ウィエで、 そのままスクラ・ワゲ・ウィエと呼ばれます。

Check
[バリ島] [インドネシア旅行記]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2877.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

「ベリーダンス フェスティバル アジア 2010 in バリ島」公式日本語サイト
イベントコンテンツ

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧