みんなの新着コメント

お得な情報
2014年4月14日
★今週の運勢★バリ島占い ラマラン・アピ 2014年4月14日(月)〜 4月20日(日)
Check
占い
2014年 4月14日(月)~4月20日(日)
【4月14日(月)の運勢】 今日の神様は…破壊と秩序の「デワ・ルドラ」
この日は、Soma(ソマ)Pon(ポン) Gumbrek(グムブレッグ)という日です。
今日のキーワードは『開始』。バリ島の暦では、未来を象徴する日と動植物の生命力が高まる日が重なり、農作業の準備、仕事や勉強を始めると大きな実りに繋がる吉日とされる。同時に破壊と秩序を現すルドラ神の日も巡っているので、何かが白紙になるかもしれんが、その後に作り出される新たな物事の方が結果的には吉とも言えるじゃろう。今日は今後の役に立つ経験や出会いに恵まれる日でもあるから、尻込みせずに新しいことにもどんどんチャレンジしてみると吉。対人関係が上手く日でもある。会合などに参加するのもおすすめじゃ。会話は聞き役にまわったほうが得るものが多いじゃろう。一方、今日は嘘や約束事の反故に遭いやすい日とも重なっている。今日の感覚的な印象や勘は当てにならない。大事な決断をする際は確実な情報収集が必要じゃ。行き違いも生じやすいので、連絡はこまめに、アポイントは時間・場所をしっかり確認しよう。
↑ この日は、Pernama Sasih Kadasa(プルナマ・サシー・カダサ)。サカ暦10番目の月サシー・カダサの満月。サシー・カダサの真ん中の日です。
【4月15日(火)の運勢】 今日の神様は…創造と怒りの「デワ・ブラフマ」
この日は、Anggara(アンガラ) Wage(ワゲ) Gumbrek(グムブレッグ)という日です。
今日はバリ島の暦では過去に関係が深い日とされ、葬祭や先祖のための儀式に適した日とされている。また、人が本来持っている感覚が冴える日でもあり不要な物や欲に気付きやすくなるとされ、僧侶の修行や浄化儀式にも良い日とされている。今日は、仕事や勉強、生活態度などの方法を再確認してみると、課題点の解決策を得たり、効率化がはかれるじゃろう。掃除・整理整頓が吉。掃除の際には思い切りよく不要品は捨ててしまった方が良いじゃろう。一方で今日は親しい人、旧知の間柄の人たちとの親交が深まる日でもある。会合やパーティには出来る範囲で顔を出そう。物質の力が高まる日でもあるので売買は順調だが気も大きくなる。浪費には注意が必要じゃ。
【4月16日(水)の運勢】今日の神様は…評価と調査の「デワ・カラ」
この日は、Buddha(ブッダ) Kliwon(クリウォン) Gumbrek(グムブレッグ) という日です。

今日はカジャン・クリウォンといって、バリ島では人の目には視えな胃ブタカラ(魔物)や精霊の活動が活発になるマジカルな日とされ、本能的な直感が冴える反面、いわゆる『魔が差す』こともある要注意日とされる。そこへ評価と調査を現すカラ神の日が重なっている。今日得た評価や人に与えた印象は思いのほか強く、望む望まないに関わらず継続する。人と会う際、特に初対面やフォーマルな場では年相応のマナーと言動を心がけよう。気を引き締めておく集中力が必要じゃ。できれば今日は遠出したり、不特定多数の人が集まる賑やかな場所へ行くのは昼間に留めておきたい。疲れが残りやすくなるので夜更かしは避けた方が無難じゃ。心身の『浄化』に適した日でもあるので身の回りを清潔に保つと良い。お香や花、アロマオイルなどの香りを良いものを周囲に置くのも良いじゃろう。

【4月17日(水)の運勢】 今日の神様は…守りとケアの「デウィ・ウマ」
この日は、Wrespati(ウレスパティ) Umanis(ウマニス) Gumbrek(グムブレッグ) という日です。
今日はバリ島の暦では、自分と周囲との関係を表す日と、守護・保護・慈愛を司るウマ女神の日が重なっている。今日のキーワードは『会話』じゃ。日頃からなかなか解決しない課題や悩みを抱えている人は、積極的に周りの人とコミュニケーションをとると解決策に繋がるアイデアを得ることができるじゃろう。信頼出来る人へ相談するのも良いじゃろう。特に悩みなどがない人も親しい人や家族との会話から自分に対する自信や前向きな喜びを得ることができるじゃろう。悩んでいる人を励ますのも効果的じゃ。一方で、会話の中で相手を傷つけたり軽んじると簡単に関係が悪くなる日でもあるので言動に注意しよう。感受性が高まって物事に感動しやすくなるが、真偽を確認することを忘れずに。感受性が豊かな人ほど感情表現が極端になりやすい日なので、イライラしたときは散歩や軽い運動などで気分転換をすると良いじゃろう。
【4月18日(金)の運勢】 今日の神様は…繁栄と管理の「デウィ・スリ」
この日は、Sukra(スクラ) Paing(パイン) Gumbrek(グムブレッグ) という日です。
今日はバリ島の暦では『強さ』に関係する日で、バリ島では皆に役立つ公共施設を建てたり家の塀を作るのに適した日とされておる。繁栄と管理を司るスリ女神の日も巡っていて、今日はメンテナンス・管理の好機じゃ。家の修理や日用品の点検・修理は普段にも増して適切な処置が出来るので、不具合を見つけたら早いうちに修理することじゃ。物だけでなく知識の強化にも良い日なので、今の知識を深めるための勉強を始めたり、関連する情報を集めると良い。趣味や習い事もステップアップを意識して積極的に取り組んでみよう。意見を述べたり、何かをアピールするときは強気に堂々と行うと通りやすいじゃろう。ただし、強気と傲慢を取り違えない事。言葉の印象も強くなるので、無責任な噂話や想像で物を言うのは避けることじゃ。
【4月19日(土)の運勢】 今日の神様は…美と活力の「デワ・インドラ」
この日は、Saniscara(サニスチャラ) Pon(ポン)  Gumbrek(グムブレッグ) という日です。
今日はバリ島の暦では、我々を取り巻く自然の力と物質の力が高まる日が重なっている。バリ島では木を切り出すと丈夫な材木になるとされ、乳児の乳離れをすると健康に育つととされる。そんな今日は、『区切り』や『締め切り』を意識した現実的な計画や目標を立てると吉じゃ。具体的な形がない場合も、今日何らかの基礎を作っておけばいざというときに適切な判断が出来るじゃろう。今日は物品の交換・売買は吉。特に売り手は誠実な商売を心がけると満足できる売り上げに繋がるじゃろう。ただし、金属を扱うときは安全に気を配るようにしよう。車やバイクの運転も慎重に。標識などの見落としやスピードの出し過ぎに注意じゃ。周囲からの影響が強まるので、疲れやだるさを感じたら無理は禁物じゃ。効果的に休憩をとるようにしよう。
【4月20日(日)の運勢】 今日の神様は…指導と尊厳の「デワ・グル」
この日は、Redite(レディテ) Wage(ワゲ) Wariga(ワリガ) という日です。
今週は7番目のウク、ワリガじゃ。今週は数字の9、南の方角に関係がある。今日はバリ島の暦では未来に関わる日とリーダーシップを現すグル神の日が重なっている。バリ島では今日新たに取り組んだ物事は、後々自分と周囲に何らかの大きな結果や影響をもたらすとされる。良い事は良い結果・影響としてしてもたらされ、逆もまた同様なので善悪の判断を間違えないようにしたい。人を率いるようなリーダー的な立場の人は周囲からの期待や注目が高まる。確固たる意志があるのなら何事かの決断にも良い日じゃ。ただし、目先の利益に囚われると周囲の不信感に繋がりやすいので注意が必要じゃ。そうでない人も積極性が運を招くが、ごますりや功を急ぐ強引なスタンドプレーはあっさり見抜かれて不審と失笑を買うので避けた方が無難じゃ。
バリ島 暦
ラ マラン・アピはバリ島の暦にそって、その日がどのような日であるかを占います。バリ島には西暦の他に、『サカ暦』と『ウク暦』という2つの暦があり、 この暦に沿ってヒンドゥー教の祭礼や行事が行われています。『サカ暦』とは新月の翌日から次の新月までをひと単位とする12の月(サシー)を1年とする太 陰暦、 『ウク暦』は7日をひと単位とする30の週(ウク)からなる210日を一巡りとする暦です。これらの暦に並行してさらにワラと呼ばれる10種類の異なる周 期を持つ暦が 同時に走っています。これらの非常に複雑な暦の単位ひとつひとつが意味や性格を持っています。一般的に、バリ暦の日付はサプタワラ(7日暦)、 パンチャワラ(5日暦)、ウク(週)で表されます。例えば2010年1月1日は、サプタワラ(7日暦)スクラ、パンチャワラ(5日暦)ワゲ、ウク(週) ウィエで、 そのままスクラ・ワゲ・ウィエと呼ばれます。

Check
[バリ島] [インドネシア旅行記]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2884.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

バリ島旅行 インドネシア旅行専門店 バリ・ツアーズ.com の公式ブログ!

バリ島 で人気の ウェディング フォトツアー !既に挙式済み、挙式はしないけど、憧れのウェディングドレスを着て、綺麗な花嫁に変身。彼の凛々しいタキシード姿を写真に残しておきたい!お得で手軽な嬉しいフォトツアーのご案内です。

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧