みんなの新着コメント

お得な情報
2014年4月28日
★今週の運勢★バリ島占い ラマラン・アピ 2014年4月28日(月)〜 5月4日(日)
Check
占い
2014年 4月28日(月)~5月4日(日)
【4月28日(月)の運勢】 今日の神様は…指導と尊厳の「デワ・グル」
この日は、Soma(ソマ)Paing(パイン)Warigadean(ワリガデアン) という日です。
今日はバリ島の暦では神と人との繋がりがより強まる日と、指導と尊厳を現すグル神の日が重なっている。寺院の参拝、浄化儀礼、さらに僧侶や司祭の法話を聴いたり、神の力を象徴するお守りをもらうと良い日とされる。神は人間のつく嘘などお見通しということから、バリ島では神を象徴する日や寺院、祭礼での嘘はタブーとされる。そんな今日は地道なデスクワークや家の整理整頓などひとりでコツコツ片付けていくような作業がはかどるじゃろう。確認作業や情報収集など確実さが求められる仕事に向いている日じゃ。人を指導したり束ねる立場にある人は周囲や部下の小さな変化や兆しを見逃さないでいると、問題の事前防止や有益なアイデアに繋がるじゃろう。他者に意見を求めても目新しい案は望み薄な日でもある。自分自身の判断を信じて吉じゃ。
【4月29日(火)の運勢】 今日の神様は…正義と審議の「デワ・ヤマ」
この日は、Anggara(アンガラ)Pon(ポン) Warigadean(ワリガデアン)という日です。
今日のキーワードは『献身』じゃ。今日はバリ島の暦では人と環境(社会)の関係を象徴する日とされ、村の共同作業や交流を重んじると良いとされる。自分自身のためだけでなく他者のため、または家庭や職場、団体行動の中で助け合うと大きな成果につながるじゃろう。身近な人相手にサポートする必要がない場合は、ボランティアやチャリティに参加しても良いじゃろう。また今日は正義と審議を現すヤマ神の日が巡っているので、今日の嘘や隠し事はいずれ明るみに出るじゃろう。誠実で裏表のない正直な言動を心がけると吉じゃ。今日の直感や印象、勘は当てにならないと思っておくくらいが丁度良いかもしれん。決断や行動に移す前にもう一度よく確認することが大切じゃ。迷ったときは周囲に客観的な意見を聞いてみるのも良いじゃろう。
↑ この日は、Tilem Sasih Kadasa(ティレム・サシー・カダサ)。サカ暦10番目の月サシー・カダサの新月。サシー・カダサの最終日です。
【4月30日(水)の運勢】 今日の神様は…破壊と秩序の「デワ・ルドラ」
この日は、Buddha(ブッダ)Wage(ワゲ)Warigadean(ワリガデアン)という日です。
今日はバリ島の暦で『喜び』や『繁栄』を意味する日が重なる吉日じゃ。問題が解決したり、幸運に恵まれる人もいるかもしれん。ただし、破壊と秩序を現すルドラ神の日も同時に巡っているので、簡単に手に入れた幸運ほど一時的なものになりやすい。さらに不正で得た幸運や利益は後に逆の状態を引き起こすから注意が必要じゃ。何事もスムーズに進む日だが、油断や慢心は禁物じゃ。浮かれずに次の準備や対策を用意しておきたい。バリ島では『良い事があったら敵に握手の手を差し出せ』という格言がある。苦手な人や疎遠になってしまった人にも朗らかに接すると逆境に対する恐れや気後れを克服するきっかけになるじゃろう。また、今日は心身の浄化に良い日でもある。身の回りを整理整頓して、清潔な身だしなみを心がけると思考が冴えるじゃろう。花やお香、アロマオイルなど香りの良いものを身近に置くのもおすすめじゃ。
【5月1日(木)の運勢】 今日の神様は…創造と怒りの「デワ・ブラフマ」
この日は、Wrespati(ウレスパティ)Kliwon(クリウォン)Warigadean(ワリガデアン)という日です。
今日はバリ島の暦ではブタカラ(魔物)や精霊が活動するとされるマジカルな日『カジャン・クリウォン』じゃ。バリ島では厄よけの儀式や占いの精度が上がるとされる反面、魔物たちに悪さをされないよう特別な供物を供え、身を慎む。そんな今日は自然の力、周囲の影響が強まる日でもあるので、うっかりしていると上の空になったりぼんやりしてしまいがちじゃ。不注意によるミス、事故や怪我、無くし物に注意しよう。バリ島では、今日のような日に妙に惹き付けられたり執着してしまう物や事柄はあまり良くないとされる。良くない誘いに乗ってしまったり、自ら面倒事に巻き込まれたりする兆しだともいう。誘いが多い日ではあるが、今日は何事も奇をてらわずに堅実な判断をこころがけよう。また、今日は怒りの日とも重なっている。イライラしたときは散歩や軽い運動、休憩などで上手に気分転換をしよう。余計な一言に注意じゃ。
【5月2日(金)の運勢】今日の神様は…評価と調査の「デワ・カラ」
この日は、Sukra(スクラ)Umanis(ウマニス)Warigadean(ワリガデアン)という日です。

今日はバリ島の暦では、準備や開始が成果や収穫に繋がる日とされ、古くから魚とりの網を作ったり、舞踊や楽器演奏といった芸事を習い始めると良い日とされ、家の棟上げや引っ越しにも適した吉日でもある。今日始めたことはしっかりと取り組めば収穫に繋がるじゃろう。また同時に評価と調査を現すカラ神の日が巡っている。勉強や研究、学問系の趣味に集中する好機じゃ。人を束ねる立場にある人は影響力が高まる日でもある。リーダーシップを発揮した攻めの姿勢が吉じゃ。今後の展望や計画を周囲と共有すると関係者のモチベーションが上がるじゃろう。ミーティングや会合も吉じゃ。ただし、今日は嘘や約束の不履行に注意が必要じゃ。不確かな情報や噂話は、自分自身でしっかりとした裏付けを取るようにして、物事の真偽を見誤らないようにしよう。

【5月3日(土)の運勢】 今日の神様は…守りとケアの「デウィ・ウマ」
この日は、Saniscara(サニスチャラ)Paing(パイン)Warigadean(ワリガデアン)という日です。
今日はバリ島の暦では金属と火を象徴する日で、鍛冶を生業とするバリ人やその子孫が属する寺院で祭礼が行われる。さらに鉄を鍛えて強くするように、人と人、人と社会の絆がより強まる日とされておる。そんな今日は家族や友人、周囲の人たちとの交流を意識すると関係がより良くなるじゃろう。グループ活動や団体行動も吉じゃ。多忙な人もできるだけ時間を作って家族や友人、大切な人と対話を持つようにしたい。ただしその一方で強めようしてひびが入る縁もある。執着を手放して新たな人間関係に目を向けていくと新たな運が拓けるじゃろう。対話、会話をするのは吉だが、人に関する愚痴や悪口は運気を下げるので言うのも聞くのも避けることじゃ。今日は物忘れをしやすい日でもある。忘れ物や落とし物に用心しよう。
【5月4日(日)の運勢】 今日の神様は…繁栄と管理の「デウィ・スリ」
この日は、Redite(レディテ)Pon(ポン)Julungwangi(ジュルンワンギ)という日です。
今週は9番目のウク、ジュルンワンギじゃ。今週は数字の7、西の方角に関係がある。今日はバリ島の暦では将来に備えた準備や蓄えを始めると安定に繋がるとされる一方で、その他の何かを始めたり終わらせたりするには向かない日とされている。今日は功を急いだ派手な自己アピールは逆効果じゃ。目立たなくとも見ている人は見ている。堅実で地道なことを大切にこなしていこう。今後取り組む事柄の下準備や下調べ、場所や住居の下見は吉。勉強は予習に力を入れるとよいじゃろう。金銭面では今日は消費よりも貯蓄を心がけた方が良い。金銭が動く契約・取引がある場合はその契約条件、特に支払い方法や期日の確認を怠りなく。今日は攻めよりも守り、慎重な姿勢が吉じゃ。
バリ島 暦
ラ マラン・アピはバリ島の暦にそって、その日がどのような日であるかを占います。バリ島には西暦の他に、『サカ暦』と『ウク暦』という2つの暦があり、 この暦に沿ってヒンドゥー教の祭礼や行事が行われています。『サカ暦』とは新月の翌日から次の新月までをひと単位とする12の月(サシー)を1年とする太 陰暦、 『ウク暦』は7日をひと単位とする30の週(ウク)からなる210日を一巡りとする暦です。これらの暦に並行してさらにワラと呼ばれる10種類の異なる周 期を持つ暦が 同時に走っています。これらの非常に複雑な暦の単位ひとつひとつが意味や性格を持っています。一般的に、バリ暦の日付はサプタワラ(7日暦)、 パンチャワラ(5日暦)、ウク(週)で表されます。例えば2010年1月1日は、サプタワラ(7日暦)スクラ、パンチャワラ(5日暦)ワゲ、ウク(週) ウィエで、 そのままスクラ・ワゲ・ウィエと呼ばれます。

Check
[バリ島] [インドネシア旅行記]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2887.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

バリ島旅行 インドネシア旅行専門店 バリ・ツアーズ.com の公式ブログ!

バリ島 で人気の ウェディング フォトツアー !既に挙式済み、挙式はしないけど、憧れのウェディングドレスを着て、綺麗な花嫁に変身。彼の凛々しいタキシード姿を写真に残しておきたい!お得で手軽な嬉しいフォトツアーのご案内です。

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧