みんなの新着コメント

バリ島の街角
2014年5月29日
【ヌサドゥア ビーチ ホテル&スパ】31周年記念のユニークで心温まるイベントに参加してきました。
Check
2014年5月28日(木)
ヌサドゥアビーチホテル&スパが31周年を記念して、
1000本の木をマングローブの森に植えました。

今ではリゾート開発が進み、多様なアコモデーションが揃うエリアのヌサドゥア。
そのヌサドゥアで最初にリゾートとして建てられた「ヌサドゥア ビーチ ホテル & スパ」が、ちょうど2014年の5月28日で31周年を迎えました。立派なアラサーです!

その記念に1000本の木をスランガンのマングローブに植えるというイベントが行われました。アピ編集部も参加してきたのでその様子をお伝えします!

nusa dua beach hotel & Spa 31th anivversary Mangrove ヌサドゥア ビーチホテル スパ マングローブ 植林

ホテルからスランガンへはバイパスを使って車で約30分。
マングローブと言えど、まだまだ木が揃っていない部分も多い未開発エリア。
そこに用意されていたのは1000本の苗木。まだまだ子供の木なので「これで1000本?」という思ったより少ない印象です。

nusa dua beach hotel & Spa 31th anivversary Mangrove ヌサドゥア ビーチホテル スパ マングローブ 植林

nusa dua beach hotel & Spa 31th anivversary Mangrove ヌサドゥア ビーチホテル スパ マングローブ 植林
しかし、実際手に持って運ぶと根っこに付いた土が重くて大変!せいぜい両手で4本が限界です。50人近くの参加者で行っていたので、1000本だから一人で20本を運ぶ作業。それって何往復?と気が遠くなりそうでした。


nusa dua beach hotel & Spa 31th anivversary Mangrove ヌサドゥア ビーチホテル スパ マングローブ 植林
気がつけば、さすが地元の皆様!列になって流れ作業式に!息の合ったタイミングでせっせと苗木が運ばれていきます。

nusa
植林の仕方は意外と複雑で思っていたより難しかったです。土には砂利も多くて固く、スコップで掘るのも一苦労!70cmほど掘った場所に苗を入れ、その苗が倒れないように竹棒を支えに括り付けます。後々苗がぐんぐん育っても倒れてしまわないように独自のやり方で縛ります。縛るヒモが行方不明になったり、苗の支えの竹が弱くてばきばき折れたりハプニング続出!しかし、泥まみれになってみんなで共同作業していると自然と子供心が蘇ります。

nusa dua beach hotel & Spa 31th anivversary Mangrove ヌサドゥア ビーチホテル スパ マングローブ 植林

「元気に育つのよ〜」「あたしの名前をつけようかしら?」とスタッフが口々に言い合い、笑い声の絶えない時間でした。約2時間、無事に1000本の苗を植え終わり、手も足も、中には顔まで泥んこの方も何人か・・・。全身で自然を感じてなんだかいつもの夕日も特別美しく見えました。

31周年を迎えたヌサドゥアビーチホテル&スパ。このマングローブに植えた木が無事に元気に育つことを祈ると同時にこれからも世界中の旅行者から愛されるリゾートであり続けることをアピ編集部も心から願っています!

いつもと違う記念パーティにすっかり心が温まりました。


◎ご予約・お問い合わせ◎

Nusa Dua Beach Hotel & Spa
ヌサドゥア・ビーチ・ホテル&スパ
住所:Kawasan Pariwisata, Nusa Dua Lot North 4, Nusa Dua
電話:+62-361-77210
FAX:+62-361-772617
WEB:www.nusaduahotel.com

Check
[バリ島] [ヌサドゥア] [その他] [泊まる] [ラグジャリーなホテル] [リゾートホテル]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2902.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

「ベリーダンス フェスティバル アジア 2010 in バリ島」公式日本語サイト
イベントコンテンツ

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧