みんなの新着コメント

お得な情報
2014年12月16日
★今週の運勢★バリ島占い ラマラン・アピ 2014年12月15日(月)~12月21日(日)
Check
占い
2014年12月15日(月)~12月21日(日)
【12月15日(月)の運勢】今日の神様は…評価と調査の「デワ・カラ」
この日は、Soma(ソマ)Pon(ポン)Dungulan(ドゥングラン)という日です。

12月14日から12月16日までの3日間は、バリの暦上少し特殊な期間で、『リーダーシップ』と『評価と調査』に関する日が続く。3日間の注意点については昨日と同様じゃ。一方で今日は井戸や水路を作って水を家に引き入れたり、年長者や僧侶の説話を聞くと良い日とされておる。今日は物事を受け入れることが知識習得や自身の成長に繋がる。素直な気持ちで周囲の意見やアドバイスに耳を傾けると良いじゃろう。新しい勉強や習い事を始めるのも吉。しかし、同時に今日は怒りを象徴する日とも重なっているので『受け入れる』ことが出来るかどうかも試されている。怒りを感じても相手の長所を見つける方に自分の感情を持って行くことが大切じゃ。不平不満、愚痴、悪態の類いは言うのも聞くのも禁物。人と話す中で話題の雲行きが怪しくなったら明るい話題に変えるなどして自衛しよう。

【12月16日(火)の運勢】今日の神様は…評価と調査の「デワ・カラ」
この日は、Anggara(アンガラ)Wage(ワゲ)Dungulan(ドゥングラン)という日です。

今日は、バリ島最大の祭日ガルンガンの前日かつ準備の日『プナンパハン・ガルンガン』じゃ。バリ島各地で祭日の準備をする賑やかな光景を目にすることができるじゃろう。また、12月14日から続いた『リーダーシップと厳しさ』、『評価と調査』に関係する期間の最終日でもある。周囲の信頼や評価が定まりやすいとされる期間なので、持てる能力をフルに発揮すると同時に誠実な言動と対応を心がけると、チャンスが巡ってくるじゃろう。一方で、今日は新しいことのスタートに適した日とされておる。計画に着手したり、生活に新習慣を取り入れてみたりすると良いじゃろう。対人面では積極的な行動が良い結果を生むじゃろう。求職活動、引っ越しも吉。ただし、物事の真偽が見極めにくくなる日とも重なっている。甘い言葉や美味しい話、裏が取れていない情報などを鵜呑みにせず、行動を起こす前にその真偽を確認・検討するようにしよう。

↑ この日は、Hari Penampahan Galungan(ハリ・プナンパハン・ガルンガン)。バリ・ヒンドゥー教最大の祭日ガルンガンの前日です。バリ人はこの日、ペンジョールという竹ののぼりを立てたり、ごちそうを作るなどガルンガンの準備をします。
【12月17日(水)の運勢】 今日の神様は…守りとケアの「デウィ・ウマ」
この日は、Buddha(ブッダ)Kliwon(クリウォン)Dungulan(ドゥングラン)という日です。
今日は、バリ島最大の祭日『ガルンガン』じゃ。善が悪に打ち勝ったことを祝うと同時に一族の先祖神が地上に降臨する日とされ、バリ島中が華やかなお祭りムードに包まれる。今日はこれまでの行いに対する成果や報いが現れる日とされる。結果で終わりではなく、再スタートのチャンスの日でもある。仕事や勉強、生活習慣の改善あるいは人間関係に新しい変化を取り入れる機会じゃ。気分を入れ替えて何事も前向きに取り組んでみると、新しい発見があるじゃろう。動かしていない計画、ペンディングにしている案件は必要と判断したら着手すると吉。一気にできなくとも少しずつでも出来るところから進めていくことが大切じゃ。また、バリ島では今日は特に他者へ対する悪感情や意地悪・中傷は御法度とされている。怒りをあらわにするのも禁忌じゃ。出来るだけ穏やかな気持ちをキープするために上手な気分転換をこころがけよう。
↑ この日は、Hari Raya Galungan(ハリ・ラヤ・ガルンガン)。善が悪に打ち勝ったことを祝うバリ・ヒンドゥー教最大の祭日です。一族の先祖神がこの世に戻って来るとされ、バリの人々は正装して寺院や家の祠に祈りを捧げます。
【12月18日(木)の運勢】 今日の神様は…繁栄と管理の「デウィ・スリ」
この日は、Wrespati(ウレスパティ)Umanis(ウマニス)Dungulan(ドゥングラン)という日です。
今日は、バリ島最大の祭日ガルンガンの翌日、『ウマニス・ガルンガン』じゃ。バリ島では、祈祷や瞑想で心身を浄め、他者とお互いの過ちを許し合う日とされておる。暦上でも、人の心がオープンになり、様々なことを受け入れやすくなる日と自然の力が高まる日が重なっている。そんな今日は、きれいな景色を眺めたり、自然が感じられる場所を散策するなどして自然の大らかさに触れると心の疲れやストレスを洗い流すことができるじゃろう。近場の公園など草木のある場所でも良い。また植木の手入れやペットの世話も同様に吉。また、直感や感覚が冴えるので、情報の取捨選択の感度が高まる。読書や調べものにも向いているが、外に目を向けるとさらに吉、特に人との対話に得るものがあるじゃろう。人を率いる立場にある人は、周囲に意見や方針、理念が伝わりやすい日なので、会議やミーティングをすると良いじゃろう。
↑ この日は、Hari Umanis Galungan(ハリ・ウマニス・ガルンガン) 。バリ・ヒンドゥー教最大の祭日ガルンガンの翌日です。バリ人はこの日、一族の家を訊ねてこれまでの罪や過ちを許し合います。
【12月19日(金)の運勢】 今日の神様は…美と活力の「デワ・インドラ」
この日は、Sukra(スクラ)Paing(パイン)Dungulan(ドゥングラン)という日です。
今日はバリ島の暦上、物質の『強さ』が高まる日と『未来』に関係のある日が重なっている。バリ島では、物作り、建物の建て始めの儀式、転居に良い日とされている。村の規則を作るのも今日が良いとされる。今日は製造業・販売業の吉日でもあるので、物作りや販売を手がけている人は集中して積極的に取り組むと良い成果に繋がるじゃろう。美と活力を表すインドラ神の日も巡っているので、気力が満ちて心身の状態が充実していると感じる人もいるじゃろう。この機会に生活習慣の改善、運動を始めるのも吉じゃ。健康管理、美容ケアにも効果的な日じゃ。その一方で、今日は華美なものに惹き付けられやすい日でもある。買物をする場合は衝動買いや浪費に注意が必要じゃ。特に現品が伴わない取引は充分にに検討・確認してから決断を下すようにしよう。対人も同様じゃ。外見や言動の派手さにとらわれず観察する目が必要となるじゃろう。
【12月20日(土)の運勢】 今日の神様は…指導と尊厳の「デワ・グル」
この日は、Saniscara(サニスチャラ)Pon(ポン)Dungulan(ドゥングラン)という日です。
今日のキーワードは『積極性』じゃ。バリ島の暦では、今日は、人を率いる立場にあるリーダーの求心力が高まる日とされ、古くは王や宗教指導者の吉日とされてきた。また、祭司など大事な役割の任命に適した日でもある。今日得た役割や任された責務は将来に渡って強い影響を与えるとされておる。地道な努力が報われる日でもあるが、自信のある人は、勉強や仕事の成果を周囲に積極的にアピールしてみると良いじゃろう。何かの役割を得たらチャンスと捉えて、苦手なことであっても真剣に取り組むと自身のスキルアップと周囲の評価に繋がるじゃろう。自分から手を上げるくらいの積極性が吉じゃ。また今日は引っ越しや遠出も吉。一方で『厳しさ』の日でもある。親しき仲にも礼儀あり。節度のある言葉使いや礼儀正しい態度を心がけよう。また、約束ごとや仕事・勉強、支払いなどの期限は必ず守ること。
【12月21日(日)の運勢】 今日の神様は…正義と審議の「デワ・ヤマ」
この日は、Redite(レディテ)Wage(ワゲ)Kuningan(クニンガン)という日です。
今週は12番目のウク、クニンガンじゃ。今週は数字の6、北東の方角に関係がある。今日はバリ島の暦では自然の力は高まる日で、特に水と関係が深い。バリ島では魚を採る網を作ったり、聖水で身を清める儀式ムルカッを受けるのに良い日とされておる。感受性が高まるので、思索や瞑想、無心な作業や運動からひらめきやインスピレーションが得られるじゃろう。芸術やクリエイティブなことに携わっている人は制作活動に打ち込むと吉。疲れやストレスを感じている人は水音や水の風景が心を癒してくれるじゃろう。ただし、感情が不安定になりやすい日でもある。鋭くなっている感覚を不快な方へ向けないよう、息抜きや気分転換をこころがけよう。注意力の低下によるケガや事故に気をつけよう。車やバイクの運転は慎重に。
↑ この日は、Tilem Sasih Kenem(ティレム・サシー・クネム)。サカ暦6番目の月サシー・クネムの新月。サシー・クネムの最終日です。
バリ島 暦
ラ マラン・アピはバリ島の暦にそって、その日がどのような日であるかを占います。バリ島には西暦の他に、『サカ暦』と『ウク暦』という2つの暦があり、 この暦に沿ってヒンドゥー教の祭礼や行事が行われています。『サカ暦』とは新月の翌日から次の新月までをひと単位とする12の月(サシー)を1年とする太 陰暦、 『ウク暦』は7日をひと単位とする30の週(ウク)からなる210日を一巡りとする暦です。これらの暦に並行してさらにワラと呼ばれる10種類の異なる周 期を持つ暦が 同時に走っています。これらの非常に複雑な暦の単位ひとつひとつが意味や性格を持っています。一般的に、バリ暦の日付はサプタワラ(7日暦)、 パンチャワラ(5日暦)、ウク(週)で表されます。例えば2010年1月1日は、サプタワラ(7日暦)ではスクラ、パンチャワラ(5日暦)ではワゲ、ウク(週) ではウィエで 、そのままスクラ・ワゲ・ウィエと呼ばれます。

Check
[バリ島] [インドネシア旅行記]

 古い記事   |   新着一覧   |   新しい記事 



コメント
コメントはありません。
※コメントの内容が誹謗中傷、プライバシーの侵害、その他、編集部がふさわしくない内容と判断した場合、通知することなく削除することがあります。
コメント: 
(必須)
メール:
トラックバック
トラックバックはありません
[トラックバックURL]  http://www.api-magazine.com/item/2933.trackback
アピログ会員の方はこちら!
ログインID
パスワード
アピログ会員募集中!

メールアドレスを入れてください。

「ベリーダンス フェスティバル アジア 2010 in バリ島」公式日本語サイト
イベントコンテンツ

>続きをブログで読む  

 

千客万来記事一覧